最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

実際先に会計事務所や公認会計士事務所勤めをして…。

2017-08-10 17:50:01 | 日記

ほとんどの方は、名が通った会社だから間違いないなどの、裏づけの無い具体性に欠ける理屈で、通信教育を決めてしまいがち。でも、そんなことでは公認会計士の試験に、合格できるわけがありません。
毎年毎年、公認会計士試験の合格率の数値は、2〜3%前後とされております。勉強に費やす合計時間との互いの釣り合いに着目しますと、公認会計士の試験がどんだけ難易度が厳しいか分かるでしょう。
学習にかけられる時間が毎日充分に持てる人は、一般的な勉強法を行えば、公認会計士試験の合格も実現可能ですけれど、毎日何やかやと日常生活で暇が無い人に対しては、現実的なアプローチではないと断定できます。
2006年度から、公認会計士試験の出題問題は、大分変更が行われました。従前と異なる点は法令科目が、重点を置かれるようになって、選択式問題及び、記述形式の問題といったような新たな傾向の問題も出てきました。
一般的に司法試験と類似した勉強法で進めると、0からはじめる公認会計士試験に狙いを定めた受験生に比べて、トータルの勉強量が膨大なものになりがちです。それだけでなしに満足できる成果は見られず、費用対効果が望めません。

実際先に会計事務所や公認会計士事務所勤めをして、いろんな経験を積みスキルを磨きながら、確実に勉強を行うというタイプの方は、通信講座の選択がマッチしていると判断します。
税法の消費税法は、公認会計士試験の科目内では、言うほど難易度は高度ではないもので、簿記の基礎の学識を掴んでおくことによって、相対的に難しいことなく、合格点数のボーダーを越すことが出来るはず。
実際に合格率のパーセンテージは、公認会計士の受験の難易度レベルを把握する判定基準の一つなわけですけれど、昨今、この比率がハッキリとマイナスになってきていて、多数の受験者たちが注目しています。
一般的に公認会計士試験の独学での合格は、かなりハードといえますが、勉強のやり方に手を加えたり、情報を色々集めるようにすることで、短時間で合格を狙うのも、実現不可能なことではないのです。
ここ数年の公認会計士は、とっても難易度のレベルが高めで、いずれの通信教育を選ぶかによって、合否の判定が分かれてきます。ただし、色んな会社が軒を連ねており一体どの会社に決めると1番良いのか、思案する人も沢山いらっしゃるかと思います。

公認会計士の試験に合格して、数年後「実力で新たな道を切り開きたい」というような大きな気持ちがある受験生なら、例え公認会計士の資格取得の難易度の程度がかなり高くっても、そのような垣根も必ず打ち破ることが可能かと思います。
地域に密着した『くらしの法専家』として、社会に貢献できる公認会計士の試験を受ける際に、資格に関しては不問となっています。基本受験したいと思えば誰もが皆さん挑戦可能ですから、通信教育を提供している各会社でも、年代や男女問わず支持を集める国家資格となります。
公認会計士試験の学習を行っている際は、集中力が持たなかったり、モチベーションを持ち続けることがハードに思えたり短所も感じておりましたが、全般的に通信講座をセレクトして、資格をとることが出来たように思えます。
ここのHPでは、公認会計士資格取得を目指す通信教育を、正当に選べますように、第三者的な立場で評価できる情報をピックアップしていきます。そして、それをもとにあなたが自分の目で決定してください。
現在においては、専門のスクールで直接教育を受けている人たちと、さほど差が無い勉強を実施するということができます。この点を叶えるのが、今日び公認会計士専門の通信講座の主流といえる教材とされているDVDで解説を受けるタイプのものです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 実際消費税法の内容は…。 | トップ | 国家資格の内でも…。 »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL