最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

公認会計士の合格を狙うには…。

2017-06-14 06:00:02 | 日記

公認会計士の合格を狙うには、効率いい勉強法で取り組むのが、とりわけ大切であります。このネットサイトでは、公認会計士試験の受験日程はじめ専門の参考書の選び方など、受験生向けの役立つ色んな情報をお届けしております。
公認会計士と並ぶ法律系の国家資格とされ、専門性が高い務めをする、公認会計士と公認会計士なのですが、難易度については公認会計士の方が難しくなっていて、そしてまた職務内容に関しましても、大幅に異なる箇所がございます。
従来より、法律の知識無しの状況から開始して、公認会計士試験合格に必須のトータル学習時間は、「3000時間前後」と言われております。現実確かに、一発で合格を実現した方たちの勉強の総時間は、約3000時間くらいとなります。
大学で法律を専門に学ばなくても、またド素人であったとしましても公認会計士を目指せますが、ともあれゼロから独学で進める方は、相当な学習量もマストなことです。私自身も誰にも頼らず完全に独学で合格しましたため、それをかなり実感しております。
資格取得を目指す上で予備校の公認会計士の講座を受講したいけれど、近隣に専門学校が一つもない、仕事が忙しく休みがとれない、予定がつまっていて学校に通う時間がとれないとした受験者のために、各スクール毎で、自宅にいながら勉強できる通信講座の提供を行っています。

実際9月時期から、来期の公認会計士試験に照準を合わせて調整しだすとした方も、いっぱいいらっしゃるでしょう。1年ぐらい長期にわたる試験勉強では、本人に適切な勉強法で実践する創意工夫も大事であります。
基本的に公認会計士試験は、ハイレベルな国家資格取得試験でありますため、勉強法をしっかり学べる専門スクールに入学した方が、間違いないといえます。しかしながら、全部独学で挑んでも各人によって、そのスタイルが最も効率的であるなんていった事柄もあったりするようです。
難易度高の国家資格試験ですが、教科をひとつずつ数年かけて受験可能なことなどから、そういったことも関係して公認会計士試験に関しては、毎年毎年5万人もの人達が受ける、人気が高い試験なんです。
公認会計士試験に関しましては、年齢や性別、これまでの学歴などの受験資格は設けていないので、どんな方でも試験を受けることができるようになっています。それまで法律に関する詳しい学識が全く無い方でも、最適な受験対応法をこなすことによって、合格することも可能です!
5教科合格を実現するまで、長いスパンを要する公認会計士資格の受験では、継続して勉強ができる安定した環境が、大きなポイントとなり、現実通信教育での講座は、まさにそういった事柄が言えるかと思います。

一般的に公認会計士の資格取得は、合格率が約6%となっておりますので、実用的な事務系資格の内では、受かりづらい資格の一つに入っています。といいましても、全部の問題中6割正解したら、必ず合格圏内に入ります。
科目合格制となっております、公認会計士試験のシステムは、一回に、5種類の科目を受ける規則はなく、1つの科目ごとに受験しても良いシステムとなっています。合格した科目については、公認会計士になれるまで有効とされ失効にはなりません。
どこよりも低価格であったり問題出題範囲を選んで、総勉強量&時間を少なくしたカリキュラム設定、レベルが高い教材一式などが人気になっている実績豊富なフォーサイト。最近公認会計士資格の通信講座と言えばこれ以外に無い、といわれているぐらい、人気が集まっております。
くらしをサポートする法律家として、不動産や会社の登記手続きなどの専門家として活躍する公認会計士の受験をする際は、条件・経歴は必要とされておりません。基本的にどんな方でも挑戦可能ですから、通信教育のコースの中でも、老若男女問わず高い人気がある国家資格となります。
簡単に言うなら第一段階合格最低点の「足切り点」といいます受験のシステムが、公認会計士試験におきましてはございます。つまりは、「一定ラインの点数に足りていないなら、不合格判定になります」との数値が設けられているのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 毎年9月から…。 | トップ | 公認会計士を対象とする通信... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL