最速・最短で会計士試験に一発合格した私の、合格するために必要なマル秘ノウハウをお伝えします。

最速最短で会計士試験合格を目指す学生・社会人の皆さまに送る合格までに必要な挫折しない効率的な学習方法全ノウハウ伝授。

全て独学での公認会計士を目指す勉強法をセレクトするケースで…。

2017-05-15 12:00:01 | 日記

全部の教科の平均的な合格率の割合は、全体の10〜12%くらいで、別の難関資格以上に、合格率が若干高いように思ってしまいますが、これにつきましては各受験科目の合格率の数字でありまして、公認会計士試験それ自体の合格率ではありませんので、勘違いしないようにしましょう。
全て独学での公認会計士を目指す勉強法をセレクトするケースで、殊の外問題として発生しやすいのは、勉強に取り組んでいる途中に疑問と感じることが発生してきた時点で、教えてくれる人がいないことです。
ほぼ独学で行っているのはすごいけど、勉強にあてる時間の管理や試験勉強方法等に、リスクを感じるようなときには、公認会計士試験向けの通信講座で学ぶというのも、1つの進め方なんではないかと思っています。
現実公認会計士国家資格試験の合格率は、約1.75%というデータが出ています。今日、法曹界に必要な学識・能力を身に付ける専門の大学院『法科大学院』がつくられ、その教科過程をクリアしたら、新司法試験を受験する際に必要な資格が得られるようになっています。
大概のことは全て集約したテキストであれど載せられていない、知識が必要となる問題におきましては、スッパリ諦める選択をしましょう。割り切る姿勢も、難易度が高いレベルの公認会計士試験にて合格を勝ち取るためには、大切な事柄であるんです。

今あなた達が、公認会計士の受験・合格体験記録等を、いろいろと情報収集してご覧になっている要因は、ほとんどの場合、どのような勉強法がご自分に対してより適正であるのか、思案しているからでしょう。
昨今の公認会計士につきましては、受験の合格率がほぼ6%となっておりますので、事務系資格カテゴリーでは、ハードルが高い資格として扱われています。だけど、出された全問題の内の6割合えば、間違いなく合格するのです。
現実的に大部分の人は、名高い会社だから間違いないなどの、安易でテキトーな動機で、向こう見ずに通信教育を選んでしまっています。ですが、そんなものじゃ難関国家資格とされる公認会計士に、合格するはずはないです。
科目合格制をとっている、公認会計士試験においては、1度の機会に、5教科を受験するといった必要性はなくって、各科目毎に長期間にわたって試験を受けてもいいのです。合格科目に関しましては、この先公認会計士になるまで有効とされていて2回受ける必要はないのです。
勉強できる時間が毎日充分にある方ならば、オーソドックスな勉強法を取り入れることによって、公認会計士試験をパスすることも有り得ますが、年がら年中仕事・家事などスケジュールに追われているような方には、現実的なアプローチではないといえます。

公認会計士の資格は、日本の法律系国家資格試験の関所として、男女問わず・世代関係ナシで人気が集まっている一方で、合格・資格取得後には、自分で事務所などを設立し、はじめから独立・開業の道も選択肢にある法律系専門資格試験となっています。
実際に合格率が10%以下と、公認会計士試験はメチャクチャ難易度レベルの高い法律系国家試験です。そうは言っても、度を越えて気後れすることはないですよ。効率的に勉強をしていくことで、誰であっても着実に合格への道は目指せるんです!
当然ながら公認会計士の合格を目指すには、自分に合った正しいスタイルでの勉強法が、最も大切であります。当HP上では、公認会計士試験の日取りですとか問題集の選択方法など、受験生向けの役立つ情報各種をまとめてみました。
現に学費が最低30万円を越す、はたまた合計50万円以上する、公認会計士対象の通信講座なんかもそんなに珍しくないものです。そうして受講期間についても、1年程度〜の長期間のスタイルであることが、よくあるものです。
もとより公認会計士試験を一から独学で実行するのは、すごぶるハイレベルなことであるわけですが、独学にて挑みたいと考えているような人たちは、一番に会計に関わる科目の勉強からやり始めるといいのでは。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どのような問題集を利用して... | トップ | 資格試験を受験する前に会計... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL