弁理士歴13年の中堅弁理士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

合計13年の経験を持つ弁理士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

弁理士|世間一般的に弁理士の代わりに法的業務を行う身近な街の法律家として…。

2017-08-10 13:30:02 | 日記

状況が許せばリスク回避、リスクを冒さないで無難に、大事をとり慎重にといった考えで、弁理士試験を受験する際、弁理士を対象とする専門の学校に足を運ぶ方がベターですけれども、完全独学を選択する考えも差し支えないです。
合格者の合格率7%に満たないと、弁理士試験は他の国家資格以上に高難易度の試験の一つと言えるでしょう。しかし、あまり臆する必要はありません。適切な勉強を行えば、学歴・経験など関係なく誰でも卒なく合格は得られるはず!
全部の教科の平均合格率の数字につきましては、約10〜12%であって、別の難関資格以上に、合格率が上であるように見えますが、これは各科目の合格率の数字でありまして、弁理士試験それ自体の合格率では、決してないのです。
最難関の「理論暗記」から弁理士試験のお勧めの勉強法かつまた効果が期待出来る頭脳のトレーニング、速聴や速読の能力トレーニングなどについても徹底追及!他にも能率的な暗記法でありますとか、勉強する際に、有益な多様なツールを幅広く載せていきます。
弁理士試験を受ける際は、実際筆記タイプの試験だけしかこなさなくてよいと、認識して構いません。と言うのも、面接での口述試験に関しましては、よほどでないと不合格にならない簡単な程度の試験だからであります。

現時点、もしくは将来、弁理士に独学スタイルで挑戦する人達に向けた、ポータルウェブサイトとなっています。例えば合格を勝ち取る為の術・ヒントや、業務内容、かつまたお仕事の魅力等を展開しております。
現在数多くの方々が、弁理士の合格・資格取得までを書いたブログ等を、様々に見つけて目を通しているワケは、ほぼ、どうした勉強法・やり方がご自身に最適であるのか、迷っているからでしょう。
2006年度から、法律系資格の弁理士試験は、色々改定がされました。一般科目よりも法令科目が、重点を置かれるようになって、多肢択一形式の問題や、記述式(論文)での問題のようなこれまでになかった形式の問題も見られるようになっています。
実際弁理士試験は、試験の合格率が大体6%という風に言われていて、オフィスでの事務系資格としましては、難易度が高い資格だと言えます。といいましても、全ての試験問題中60%以上正解になれば、合格確実です。
実際弁理士試験に関しては、超難関と知られている、日本の国家資格の1つ。ここにおいては、目当てとする弁理士試験に合格するための有益な勉強法などを、自分の合格するまでの体験談をベースとして書き記します。

無論弁理士試験をオール独学で貫くというのは、とても難関ですが、独学にて挑みたいと思われているような方は、さしあたって必須とされる会計科目の学習から取り組むのがおすすめです。
極めて専門的な要素を含む試験内容で、難易度がスゴク高度でありますけれど、とは言っても弁理士試験に関しましては、受験者は一回の試験で5教科合格しなくてもいい科目合格制度を起用しているので、個々の科目ごと5年の期間を費やして合格をゲットしていっても、アリの試験とされています。
国家資格取得試験の弁理士試験の合格率の値は、10%強と、高い難易度であるとよく言われているにしては、比較的高い合格率となっております。しかしながら、たった一度きりで合格を勝ち取るのは、0%に限りなく近いと言っても過言ではありません。
世間一般的に弁理士の代わりに法的業務を行う身近な街の法律家として、活躍発揮が期待されている弁理士の肩書きは、社会的ステータスが高いといわれている資格であります。ですので、その分だけ試験の難易度の度合いにつきましても物凄く高くなっています。
近ごろの弁理士におきましては、スゴク試験の難易度のレベルが高くなっていて、通信教育をどこにするかで、受かるか・落ちるかが決まります。ですが、多様な会社が同じようなサービスを提供していて、どこを選ぶとベストなのか、思い迷う人も大勢おられるでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弁理士|実践で「法律学的に... | トップ | 弁理士|日本国内の弁理士試... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL