弁理士歴13年の中堅弁理士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

合計13年の経験を持つ弁理士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

弁理士|現実的に弁理士は…。

2017-06-14 02:30:01 | 日記

ここのHPでは、弁理士向けの通信教育を、キッチリセレクトができますように、中立的な立場で決定できる色々な判断材料を随時発信していきます。そうしてそれをベースにご本人様で選んでいってください。
弁理士と並ぶ法律系の国家資格とされ、専門的特性の職務を果たす、弁理士・弁理士であるわけですが、難易度を比較すると弁理士の方がハードルが高く、それだけでなく担う役割内容も、沢山それぞれ違いがあるものです。
前々から、法律の知識無しの状況から取り掛かって、弁理士試験合格にマストな勉強の総時間は、おおよそ「3000時間くらい」といった統計がございます。実際のところ、一回目で合格をゲットした人のトータル時間は、3000時間超とされています。
現今の弁理士試験については、実際上は筆記問題しか存在していないというように、思っていいです。と言うのも、口述での試験なんかは、余程の事が起きない限り不合格になることのない容易な試験のためであります。
巷で人気のユーキャンの弁理士の試験対策講座は、例年大よそ2万名が学んでいて、ちょっとも法律のことに精通していないなんて方であっても、手堅く資格取得できる能力を自分のものにできるといった、頼りになる通信講座です。

現実国家資格の中でも、難易度が相当難しい弁理士であるわけですが、合格するまでの道が難儀であるからこそ、資格を取得した後には人材の受け入れ先の多さや年収増、かつまた社会的身分の高い立ち居地を築ける可能性もあります。
現実的に弁理士試験につきましては、生半可なものじゃないです。合格率の値は、10%程となっています。ではありますが、一回のみの試験ではあらずに、長いスパンで合格しようとするのであれば、格別実現困難なものではないのです。
各年、弁理士試験における合格率は、ほぼ2〜3%強といわれています。長時間勉強することが求められるトータルの学習時間とのバランスに着目しますと、弁理士の試験がどんなに高難易度の試験であるのか見通すことができるでしょう。
現実的に弁理士は、最初から最後まで独学でやっても合格可能な資格の一つといわれています。中でも只今、働いている方々が成し遂げようと努力してトライする資格としては望みが高いですが、同時に難易度も高いレベルであります。
DVD教材や、テキスト学習材での勉強に対して、心なし心配があるのですが、実際通信講座を活用して、弁理士資格を取得したという人達も数多く存在しておりますし、独学で進めるよりは、いくらかマシなはずと思っているのです。

一般的に、弁理士になろうとする場合におきましては、一から独学で合格しようとする方が少数ということが影響して、弁理士以外の法律系資格と比べますと、市販のテキストブックもあんまり、出版されていません。
資格試験を受験する前に会計事務所あるいは弁理士事務所に就職し、現場において実地経験を積んでスキルアップしながら、マイペースで学習を行うような人のケースですと、通信講座の選択がピッタリ合っていると判断します。
会社に属しながら真面目に勉強を行って、ついに3回目のトライで弁理士合格を獲得しました、わたくし自らの経験を頭に浮かべてみても、このところ2〜3年の間の難易度は、相当高難度になってきていると思います。
ちょっと前までは合格率10%以上の台が当たり前だった弁理士試験でしたが、現在、10パーセント以下でとどまっております。合格率一桁の台というと、高難易度の難関資格のひとつとして、認知されることになります。
通信講座のケースですと、弁理士であっても弁理士であっても、いずれとも受講者のお家まで教本などを発送して貰うことができますので、各人のスケジュール管理によって、勉強を実行するといったことが可能となっています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弁理士|消費税法の中身は…。 | トップ | 弁理士|法律を専門に学ぶ法... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL