弁理士歴13年の中堅弁理士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

合計13年の経験を持つ弁理士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

弁理士|一般的に「くらしの法律家」として…。

2017-07-18 08:40:02 | 日記

日本で実施されている国家資格の中でもケタが違う難易度として名高い弁理士試験の内容は、11分野の科目の法律から色々な試験問題が出題されるため、合格しようとしているならば、1年近くの学習をすることが絶対に必要とされます。
最難関の「理論暗記」はじめ弁理士試験の効率良い勉強法、また脳を育てる頭脳開発、速聴や速読の能力トレーニングなどについてもオール調査!更には記憶術、その上知っておくと良い勉強に、便利なツールを当サイトで発信していきます。
少し前までは合格率十数%以上が普通だった弁理士試験でありましたけど、今現在、1割に届かない数値でおさまりつづけています。合格率が一桁ならば、難易度レベル高の難関国家資格として、挙げられます。
一般的に「くらしの法律家」として、活躍することが出来る弁理士の受験をする際は、条件・経歴は不要です。つまり誰でも挑むことができますため、いくつもある通信教育の資格講座の中でも、老若男女問わず高人気の国家資格となります。
合格率3%くらいしかない険しい道の、弁理士試験に合格するつもりなら、一から独学での勉強だけで臨むのは、厳しいことが沢山ありまして、専門の予備校に通学するかあるいは、通信教育にて受験勉強を行うのが大部分となっています。

資格試験を受験する前に会計事務所あるいは弁理士事務所勤めをして、現場で実戦経験を積んでいきながら、マイペースで学んでいくとの考えの人なら、あえて言うならば通信講座がベターかと思います。
あらゆる情報を集めている教科書の中であろうと記載されていない、学識が求められる問題においては、即座に諦めるべきです。潔いのも、難易度が高めの弁理士試験にあたっては、重要とされます。
現実、弁理士試験については、1つの科目で120分間しか受験時間があてられておりません。よってその僅かな時間の中で、より高い合格点を取らないといけませんから、至極当然ですけれど素早さは必要不可欠です。
弁理士の役目をする地域の法律家として、期待が寄せられる弁理士に関しましては、社会的に地位の高いといわれております資格です。だからこそ、試験の難易度に関しましても大変高めであります。
これから資格をとろうと受験学習をし始めるといった方は、「弁理士試験では、どれだけの勉強時間を保持したら合格できるのか?」といったことは、当然気になるところでしょう。

試験システムの見直しと一緒に、これまであった努力よりも運に関係する偶然性のギャンブル的ポイントが取り払われ、現実的に技量のアリORナシが判定される試験へと、弁理士試験の内容は刷新したのです。
各々の教科の合格率の割合は、大まかに10%程度と、各々の教科とも難易度のレベルが高い水準の弁理士試験は、科目合格制度が採られているから、働きつつの合格も無理ではない、資格といえるでしょう。
実際にU-CAN(ユーキャン)の弁理士資格取得講座は、毎年概ね2万人程度に受講がされていて、ちょっとも知識を備えていない未経験の方でありましても、堅実に資格取得できる能力を基本的な事柄から身につけられる、受験生の間でも評価が高い通信講座であります。
前から、法律についての知識が全く無い時点から取り掛かり、弁理士試験合格に必要とされております勉強への取り組み時間は、「3000時間程度」と伝えられています。現実確かに、一回目で合格をゲットした人のトータル時間は、3000時間程度とのこと。
原則的に科目合格制というシステムが採用されていることから、弁理士試験は、会社勤めしている人等も受験をしやすいのですが、とはいえ受験学習にかける期間が長期にわたることが通例です。そのため、過去に合格した先人の質の高い勉強法を手本にするとよいのではないでしょうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弁理士|学習にかけられる時... | トップ | 弁理士|実際数多くの受験生... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL