経験13年の中堅会計士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験の会計士が教える受験に関する情報から独立開業、そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|大抵の人は…。

2017-07-13 09:00:03 | 日記

一般的に会計事務所または公認会計士事務所にて働き、本格的な経験を積み増しながら、マイペースで学んでいくという手順を踏むといった方は、通信講座のスタイルを選ぶ方が1番合っているといえるでしょう。
そもそも公認会計士試験の特有性に関しましては、点数が全てを決める実力を問われる試験でありまして、合格判定の合計人数を取り決めていないので、つまり問題内容の難易度のレベルが、絶対に合格率になっています。
どのような教材で勉強をするのかというよりも、どういう効率いい勉強法で実行するのかの方が、一層公認会計士試験での合格には大切なポイントとなります
実際1科目ごとに受験可能な科目合格制度となっておりますので、公認会計士試験は、働いている社会人の人達も受験に取り組みやすいながらも、一方で受験に費やす時間が長くなる傾向が見られます。ぜひ過去の諸先輩方たちの取り組んできた勉強法を実践してみることも有効です。
事実公認会計士試験は、生易しい試験ではございません。毎年合格率は、概ね10%であります。とは言っても、一発試験ではなく、数年間にわたり合格する予定でありましたら、取り立てて実現困難なものではないのです。

実際9月時期から、この次の年度の公認会計士試験に向かって事に当たりはじめる受験生たちなんかも、多数いるはずです。およそ1年強続いていく試験の勉強では、ご自身にフィットする勉強法を知るとしたことも超重要になります。
合格を実現することが出来なかった折の、膨大な勉強時間のムダを思いますと、公認会計士受験対策として専門スクールの通信講座(通信教育)、もしくは通学授業コースを活用すると言ったのが、間違いなく無難と考えます。
毎年公認会計士の合格率は、ザッと1.75%というデータが出ています。今日、国内でも米国をモデルにした法科大学院というものが新たにつくられて、その教科過程を終えれば、新司法試験を受験する折の必須資格を得ることが出来ます。
現時点皆が、国家資格の公認会計士の実際の合格体験記なんかを、あれこれ集めて読まれている目的は、十中八九、いかなる勉強法が己自身にフィットするのか、悩んでいるからではないでしょうか。
日本の国家資格のうちでもトップクラスにランクインする高い難易度を誇る公認会計士試験の詳細は、全11科目の法律の範囲よりいろんな設問があるので、合格を狙うには、一年越しの勉強時間が大事です。

現今の公認会計士試験については、現実筆記で解答する問題しか無いものであると、思っていていいですよ。その理由は、もう一つの口述試験は、何か無い限り不合格にならない試験の中身だからです。
大抵の人は、名が通った会社であるため安心といった、何一つ手がかりもない具体性に欠ける理屈で、通信教育を決めてしまいがち。ですが、それでは難易度が高い公認会計士に、合格するはずはないです。
難しい「理論暗記」から公認会計士試験勉強法のアドバイス、そして科学的な頭脳開発、速聴法・速読法ということについても徹底追及!他暗記法の秘訣だったり、受験勉強に、有用なモノ・コトを皆様に提供していきます。
無論たった一人で独学で、合格を獲得するというのは、実行可能でしょう。さりとて、公認会計士は10人受験をしたとして、1名も受からないこともある間口の狭い試験とされております。難関突破するには、適格な学習スタイルを手に入れることが必要です。
資格をとって、そう遠くない将来「自分だけのチカラで新たな道を切り開きたい」という確固たる願望を胸に抱いている方なら、例え公認会計士の資格取得の難易度の程度がシビアでも、そのような垣根も必ず打ち破ることが可能かと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|公認会計士試験... | トップ | 公認会計士|現実全科目での... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL