経験13年の中堅会計士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験の会計士が教える受験に関する情報から独立開業、そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|輪にかけて難しいというように名高い公認会計士試験の難易度は…。

2017-07-16 06:20:01 | 日記

ここ数年、公認会計士試験でのリアルな合格率は、ざっと2〜3%ほど。学習にかける時間数との釣り合いを考慮しますと、公認会計士の国家試験がどの程度難関試験であるのか察することができると思います。
実際に法律を専門に学ぶ法科大学院を卒業されたという実力の持ち主でも、不合格結果がもたらされることもあるくらいなので、要点をとらえた効果的な勉強法を理解した上で挑戦しなければ、公認会計士資格試験に合格するのは容易なことではございません。
基本的に公認会計士試験につきましては、そう簡単ではないと言われている、国家資格の中の1業種です。このHPでは、目的とする公認会計士試験に必ず合格するための有益な勉強法などを、管理主自身の合格を得るまでの体験禄をもとに公表します。
法律系国家資格において、非常に専門的な業務を執り行う、公認会計士と公認会計士なのですが、難易度のレベルは公認会計士の方が一段と壁が高くて、それに伴い職務内容に関しましても、沢山異なる箇所がございます。
世の中的に公認会計士においては、法律による資格試験の狭き門ながら、いろんな歳の方達に注目を集めている中、合格をゲットした将来には、早々に個人での事業所などをイチから構え、いきなり開くのも選べる法的専門資格取得試験です。

出来れば万が一に備える、リスクを冒さないで無難に、念を押してという目的で、公認会計士試験を受ける場合に、公認会計士資格取得対象の予備校などに足を運ぶ方が安全策ではありますけれど、それは必ずしもではなく独学をセレクトする考え方も構わないと思います。
実際特殊な法令の中身で、難易度が非常に高度となっておりますが、原則的に公認会計士試験については、5教科中の一部科目合格制度(1教科で試験の基準点を満たす)を設定しておりますので、各科目毎何年かかけて合格していくスタイルであっても、いい国家試験とされます。
公認会計士につきましては、たとえ全て独学で行っても合格を目指せる資格とされております。今現在、働いている方々が発起して挑む資格としては希望が持てますが、同時に難易度も著しくハイレベルです。
合格率の割合が7%程度と、公認会計士試験は他の国家資格と比較して難易度が高度な試験となっています。そうは言っても、行過ぎるくらい不安感を持たないようにしましょう。全力を注げば、どなたでも卒なく合格は切り開けます!
基本として、公認会計士試験に誰にも頼らずに自分の力で独学で合格を志すのは、容易なことではないという実態を認識しましょう。例年の合格率が1割に到達しないデータによっても、ダイレクトに認識することができるでしょう。

現実多くの方は、名の知れた業者だからとか、動機の無いテキトーな動機で、通信教育(通信講座)をチョイスしがちでしょう。けれど、それでは絶対に公認会計士に、合格出来るはずはないでしょう。
現実的に合格を勝ち取った人の合格率がたった7%だけと聞かされると、公認会計士の試験の程度は著しく難易度が高くみえますけれど、設定された目安の6割を超える設問がちゃんと正解することができたなら、合格を勝ち取ることは間違いないでしょう。
輪にかけて難しいというように名高い公認会計士試験の難易度は、大変高度で、平均の合格率も2パーセント〜3パーセントと、日本の国家資格の中でも、トップクラスに入る難関の試験となっています。
2006年度から、公認会計士試験の出題問題は、様々に変化しました。例えば法令科目が、重点を置かれるようになって、択一式の試験問題や、記述方式の試験問題といった今までには見られなかった新傾向問題もお目見えしました。
科目合格制となっている、公認会計士試験に関しましては、1度の試験にて一気に、5種の科目を受験することは必須ではなく、1教科ずつ受験してもよい仕組みです。1度合格できた科目は、この先公認会計士になるまで有効なのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|今の公認会計士... | トップ | 公認会計士|空いた時間を有... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL