経験13年の中堅会計士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験の会計士が教える受験に関する情報から独立開業、そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|一昔前までは合格率の数値が10%あたりが普通だった公認会計士試験でありましたけど…。

2017-06-14 15:30:02 | 日記

科目合格制となっている、公認会計士試験の国家資格取得は、一回に、5つの科目の試験を受けることは求められておらず、1つの科目ずつ受験してもOK。1回合格した科目は、公認会計士資格を得るまで有効なのです。
基本公認会計士試験におきましては、年齢についてや性別、これまでの学歴などの制限は設けられておりませんから、どういった人であれど資格試験を受けることが可能です。万一法律につきましての学識が全く無い方でも、キッチリ受験に対しての方策を立てることで、高確率で合格することができるんですよ!
司法試験と同一の勉強法である場合、法律知識ゼロからスタートする公認会計士試験オンリーの受験生に比べ、勉強を行う総量が大変多量になりがちでございます。加えて見合う結果は生まれず、コスパが低くなっています。
現実的に公認会計士の資格取得をしようとする折は、一から独学で合格をしようとする受験者が僅かということも関係し、別の試験と比べてみますと、市販テキストの種類も満足のいくほど、本屋さんに売っていません。
一昔前までは合格率の数値が10%あたりが普通だった公認会計士試験でありましたけど、ここ数年は、一桁台となっております。合格率一桁台であると、高い難易度とされる難関国家資格として、捉えられるでしょう。

連結実務の個別論点を勉強し出しましたら、関係する演習問題に出来る限り臨むようにして、問題に慣れる対策をとっておくというような勉強法を行うのも、公認会計士試験の簿記論の対応策にはとっても効果的とされます。
今の公認会計士につきましては、物凄く難易度のレベルが高めで、通信教育の選択方法で、受かるか・落ちるかが決まります。ですが、同業社がいっぱいあるので、いずれを選ぶと最も良いか、なかなか決められない人も多いでしょう。
簡単に言うなら合格するには「足切り点」とした怖いシステムが、公認会計士試験にあり大きな特徴です。わかりやすく言い換えますと、「必要な点数を満たしていないケースですと、不合格になる」といった点数というものがあらかじめあるのです。
難しい国家試験の公認会計士試験に関しては、全身全霊を注がなければ合格不可能です。さらに独学にて合格を叶えるというのは、超頑張らないといけません。そういった中ちょっとであっても何か役立てるページとして使用してくれればハッピーです。
基本的に会計分野の簿記論は、情報のボリュームは膨大なのですが、その大部分が計算タイプの試験問題にて構成がなされているため、公認会計士は、比較してオール独学であっても、自分のものにしやすい試験教科といえるでしょう。

今や合格率7%未満と、公認会計士試験は他の資格よりも難易度のキツイ難関の試験といえます。しかしながら、行過ぎるくらい不安感を持たないようにしましょう。本気で勉学に励むことにより、皆さん卒なく合格実現は目指せます!
オール独学で勉強するほどの、気は全然ないけれど、マイペースで集中して学びたいという受験生には、どちらかといえば公認会計士の通信講座を行った方が、好都合な勉強法といえるのでは。
まさに現在、ないしは先々、公認会計士の資格を得るために独学の勉強法で試験を受ける方々あてにつくった、公認会計士のための専門サイトとなっております。サイトの中では合格を叶える為の押さえておきたいポイントとか、リアルな仕事の全容、魅力的な点などを色々掲載しております。
つまり専門スクールに行かないでも独学でやろうと、十分、公認会計士のお仕事に関しましてモノにするといったことができるんならば、合格も夢ではありません。ともあれ、これにはよっぽど、長い時間をかけるということが求められます。
良い点が多い、公認会計士資格取得の予備校に通学してのノウハウがつまった勉強法ですけれども、現実十万を超えるそれ相応の額が掛かりますので、希望しても誰もが皆受けることが可能であるというわけにはいきません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|網羅性を持った... | トップ | 公認会計士|合格率のパーセ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL