経験13年の中堅会計士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験の会計士が教える受験に関する情報から独立開業、そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|現実国家試験の公認会計士試験の合格率の割合は…。

2017-06-13 12:10:12 | 日記

公認会計士試験を受ける際は、実質的には筆記で解答する問題しか無いものだと、思っていいです。何故かといいますと、面談での口述試験については、9割の確率で落ちるなんてことの無い試験内容だからです。
毎年公認会計士の合格率は、低く1〜2%前後と認識されています。現在、法科大学院(専門職大学院)の教育機関が開講されて、その学科を修了することにより、新司法試験を受ける資格+法務博士の学位が入手できます。
公認会計士試験の学習を行っている際は、集中する力を維持することが難しく感じたり、同じ精神状態を保つことが難しかったりといったウィークポイントも経験しましたが、結果的には通信講座を行って、資格を取得することが実現できたという結論が出ています。
基本的に科目合格制システムをとっておりますため、公認会計士試験においては、忙しい社会人も受験しやすくなっていますが、その代わり受験勉強の期間が長くなる可能性があります。ぜひ過去の諸先輩方たちのやってきた勉強法を取り入れるのもよいのでは。
毎回全試験科目の合格率の平均値は、大体10〜12%位で、他のハイレベルな資格よりも、合格率が上のように見えますが、それに関しましては科目別の合格率の値であり、公認会計士試験トータルでの合格率ではないですから、ご注意を。

基本5つの科目合格に辿り着くまで、年数を要することになる公認会計士資格取得の受験では、学習を継続することが出来る環境が整っているかが、決め手で、通信教育での勉強法を選ぶ場合は、よりそういうことがあげられます。
平成18年度に入ってから、公認会計士試験の出題問題は、色々修正がされました。新たに法令科目が、非常に重要ポイントとされるようになって、マークシート方式の試験問題だとか、40字記述式の問題というような新しい傾向の試験問題も出されるようになっております。
当ホームページは、現役で活躍している公認会計士が、公認会計士試験の効率いい勉強法を教え、主な公認会計士向けの通信講座の世間一般での評判のほど、口コミ情報などなどの調査を行い、まとめたインターネットサイトでございます。
プロの先生方より直接的に指導してもらえる通学するメリット面に関しましては、大変魅力がありますけれど、意欲さえ維持すれば、公認会計士の通信教育での学習によって、望んでいるレベルアップが実現可能です。
税金について定められている消費税法は、公認会計士試験科目の中では、そんなにも難易度は高めではあらず、簿記の基礎の学識をキチンと把握していれば、割り方厳しいこともなく、合格するのに必要な6割以上の点数をとるといったことが可能となります。

資格をとるため専門学校にて公認会計士対象の講座を受講できたらと思ってるのですが、近所にそれらの専門学校が存在しない、仕事が多忙、学校に行くような時間を確保できないなんて方を対象に、個々のスクールでは、空いた時間に勉強できる通信講座の提供を行っています。
ハードルが高い資格取得試験とされている公認会計士試験に対しては、全力で取り組まないと合格は絶対に不可能であります。その上全部独学で合格を手に入れようとするならば、物凄くガンバル必要がございます。そんな中少しでもお手伝いできる情報ページになったら嬉しいです。
資格取得講座が学べるスクールもカリキュラム内容についても様々です。であることから、数え切れないほどある公認会計士専門講座の中から、会社勤めしている方であろうと修学可能であります、通信講座を開いている資格スクールを比較しおススメ点を挙げました。
現実国家試験の公認会計士試験の合格率の割合は、10%強と、難関と表されているにしては、国家資格内でも高い合格率を出しています。だとしても、最初の一発で合格を可能にするのは、極めて困難で望みが薄いと聞いています。
基本公認会計士試験におきましては、年も性別ともに受験の資格なんか無く、学歴の有無は限定されておりません。その為、それまで、法律の詳細な勉強を1回もしたことがないような方でも、名高い学校卒業の学歴がないケースでも、公認会計士の資格は取得できます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|合格して…。 | トップ | 公認会計士|公認会計士の役... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL