経験13年の中堅会計士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験の会計士が教える受験に関する情報から独立開業、そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|実際公認会計士の通信講座の中にて…。

2017-07-11 13:10:01 | 日記

実際公認会計士の通信講座の中にて、一等お薦めしたいのは、法律系資格取得を支援しているLEC であります。採用している教科書に関しましては、公認会計士を志す受験生たちの間で、ナンバーワンにGOODなテキスト書だととても好評であります。
合格率の数値が1割にも満たない7%前後と、公認会計士試験はとても厳しい難易度の試験とされております。とは言っても、過度に恐れないで大丈夫。地道に努力を積み重ね続けることにより、誰でも間違いナシに合格への道は目指せるんです!
毎年合格率が約2・3%の難易度が高度な、公認会計士試験にて合格をゲットするには、独学で行う受験勉強だけでやるのは、簡単にはいかない事柄が多く存在し、資格取得予備校に足を運ぶか、通信教育を利用して受験勉強を行うのが一般的な対策となっています。
実際講師たちの授業をリアルタイムに受けられる通学するメリット面に関しましては、良いと思うのですが、長期間積極性さえキープし続けることができましたら、公認会計士専門の通信教育で講座を受けることで、望んでいる実力を養っていくことが出来るでしょう。
スクールでの通学講座と通信講座のコースを同時進行で受けられる、長年の実績が名高い「資格の大原」は、満足のいく教材一式と、ベテランの講師たちにより、長年公認会計士合格者の2分の1を輩出するという絶大な信頼&実績があります。

当然公認会計士試験を未経験者でありながら独学で行うのは、大変ハイレベルなことであるわけですが、トライしてみたいと考えておられる人は、まずもって必須とされる会計科目の学習からやり始めるべし。
法律系国家資格の、高い専門性を持つ仕事を担う、公認会計士及び公認会計士でありますけど、実際の難易度としましては公認会計士の方が一層手ごわく、さらに執り行う業務の詳細にも、色々な点で違うのです。
ちょっと前までは公認会計士試験を受験したとしても、他よりも入手しやすい資格といった風に言われ続けてきましたが、今はすっごく難易度が高く、全力で取り組まないとなかなか合格を得ることができないという資格であります。
一般的に科目合格制の、公認会計士試験のシステムは、1度のうち、5種の科目を受験する必要など無くって、各科目毎に受験してもよい仕組みです。合格科目に関しましては、将来公認会計士になることができるまで適用されます。
資格に強いと評判のユーキャンの公認会計士コースについては、毎年約20000名の受講申込があり、丸っきり知識が無いような素人だとしても、確実に国家資格がとれるまでの過程を一からマスターすることが可能である、信頼の置ける通信講座なのでございます。

各年、公認会計士試験の合格率のパーセンテージは、2〜3%前後とされております。勉強に費やす合計時間との相互関係を考慮しますと、公認会計士の試験内容がどれ程までに高難度かが頭に思い描けるはず。
何年か前までは合格率約10%以上あった公認会計士試験だったけれど、現在、1割以下の率にて停滞しております。合格率が一桁台である場合、難易度が厳しい難関資格のひとつとして、認められます。
並大抵ではないというように名高い公認会計士試験の難易度の水準は、まことに高いとされ、合格率の割合も僅か3%くらいと、法的な国家資格の内でも、上位を誇っているド級の難関試験なのです。
国家資格5科目合格に到達するまで、数年かかる公認会計士資格取得の試験では、常に勉強をやり続けられる環境が存在するかしないかといったことが、重要なポイントになり、通信教育コースを選択する際は、大いにその点が関係します。
サラリーマンをやり続けながら資格をとるための勉強をして、とうとう3度目の試験にて公認会計士資格試験に合格することができました、私本人の経験をみても、従前以上に難易度は、相当厳しくなってきているのではないでしょうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|オール独学での... | トップ | 公認会計士|現在は公認会計... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL