経験13年の中堅会計士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験の会計士が教える受験に関する情報から独立開業、そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|実際に国家試験の公認会計士試験の合格率につきましては…。

2017-06-19 06:40:03 | 日記

実際公認会計士の役回りをつとめる暮らしの法律家として、活動に期待が集まる公認会計士の肩書きは、極めて社会地位の高い資格の一つです。その分、同時に試験の難易度のレベルに関してもスゴク高めであります。
通常公認会計士試験は、難易度が高いと言われております、ステイタスある国家資格の1つ。こちらのサイトでは、公認会計士試験にストレートで合格するためにマスターしておきたい勉強法などを、管理人自身の合格を掴むまでの体験談をベースとして記載します。
最難関の税法教科の「理論暗記」を主に、公認会計士試験の効率良い勉強法及び頭脳の開発、速聴や速読といったことなどについても徹底究明!更には記憶術であったり、学習に、使えるあらゆる事柄を掲載していきます。
結論から述べますと、専門学校に通わなくとも独学しようとも、万全に、公認会計士の役割について知ることができたなら、合格を目指すことは可能です。ともあれ、それには相当、何ヶ月も取り組む必要性があるのです。
科目ごとの合格率の数字に関しては、ザッと1割位と、どの科目ともに難易度レベルが高い公認会計士試験は、科目合格制度が採られているから、勤務しながら合格することも決して不可能でない、資格です。

そもそも公認会計士資格取得を志すケースでは、予備校に通学せずに独学で合格を勝ち取ろうとする方があまりいないということもあり、全くもってほかの法律系資格試験より、市販のテキストの数もさほど、つくられておりません。
多種多様な事柄をまとめた専門書にすら見たことのない、高度な知識が必須の問題については、サッパリと諦めるといいです。割り切る姿勢も、高い難易度の公認会計士試験に対しては、重要とされます。
通信教育(通信講座)だと、公認会計士試験に焦点をあてた打つ手を全て網羅した、オリジナルのテキスト教材が取り揃っているため、1人での独学よりも勉学の流れが会得しやすく、勉強がはかどりやすいでしょう。
毎年総じて、公認会計士試験でのリアルな合格率は、約2〜3%辺りとされます。勉強にあてる総時間数との両者のバランスの様子を見ると、公認会計士の資格試験がどれほど高難易度の試験であるのか推測していただけると思います。
他の会社と比べて負担額が少なく、出題の範囲をセレクトし、費やす学習量を少なめにした教育課程、優良なテキストブックなどが評判の通信講座の『フォーサイト』。最近公認会計士資格の通信講座と言えばこれ以外に無い、といわれているくらい、大変好評です。

日本でもケタが違う難易度である公認会計士試験については、11ジャンルの法律より数多くの問題が出されるから、合格をしようとするなら、長期的な学習量が大事です。
平成18年(2006年)度から、国家資格の公認会計士試験は、色々修正がされました。それまでと違い法令科目が、より重視されるようになって、選択式問題及び、記述形式の問題といったような新タイプの問題といったものも出てきました。
難しい国家試験の公認会計士試験に立ち向かうには、ちょっとやそっとの努力なんかでは絶対に合格することは不可能でしょう。そして独学で合格を勝ち取るためには、めちゃくちゃ努力しないとなりません。けれども僅かでも便利なウェブサイトになったら嬉しいです。
実際消費税法の内容は、公認会計士試験科目内では、そんなに難易度は高くなっておらず、簿記の基礎知識を確実に理解しておくことで、割合難度も低く簡単に、合格ラインに達するといったことが可能となります。
実際に国家試験の公認会計士試験の合格率につきましては、約10%と、物凄く難関と言われております割には、比較的高い合格率となっております。しかしながら、一発勝負で合格を勝ち取るのは、不可能に近いと言われている様子です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|毎年公認会計士... | トップ | 公認会計士|過去に日商簿記... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL