経験13年の中堅会計士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験の会計士が教える受験に関する情報から独立開業、そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|空いた時間を有効的に活用し…。

2017-07-16 12:10:01 | 日記

試験まで学習時間が日々十分あるという方は、普通の勉強法にて、公認会計士試験合格が狙えますが、年がら年中仕事・家事など忙しい方には、現実に合った手段だとは言えないと思われます。
合格率の割合が全体の7%前後とすると、公認会計士の試験の程度は超難易度が厳しくって大変そうですけれど、指標に基づくボーダーラインの最低でも60%以上の問題に正解することができましたら、試験に合格することは絶対に大丈夫です。
国家資格の中においても、難易度レベルが高い公認会計士なわけですが、合格するまでの道がキツイからこそ、ついに資格取得を果たした先は売り手市場やお金、より高い地位を持つことが出来るようなこともありうるのです。
空いた時間を有効的に活用し、勉強が行えるため、会社に行きつつかつまた家事などと両立して公認会計士資格の取得を志そうと考慮している方たちには、お家にいながらやれる通信講座は、まことに役立ちます。
毎年公認会計士の合格率は、およそ1.75%ぐらいと公表されています。近ごろ、法律を専門に学ぶ法科大学院が建てられ、その学校のカリキュラムを卒業することによって、新司法試験を受験する際に必要な資格をゲットすることが可能です。

事実授業料30数万円〜、さもなくば50万円以上の金額の、公認会計士受験用の通信講座もままございます。そうして受講期間についても、1年を上回る長期にわたるカリキュラムとなっているケースが、ままあります。
科目合格制が設けられております、公認会計士試験の資格の取得は、ひとたびで、5分野の科目を受験することは求められておらず、それぞれの科目ごと1件ずつ受験してもよい仕組みです。1度合格点をクリアした科目は、公認会計士になれるまで合格は取り消されません。
実際先に会計事務所や公認会計士事務所勤めをして、現場で実戦経験を積んで実力をつけながら、マイペースで学習を行うという手順を踏むといった方は、通信講座の選択が適切だと言えるのではないでしょうか。
実際に合格率3%程度の難関の、公認会計士試験に合格しようとするには、独学スタイルでの試験勉強のみでは、手強い場合が多々あって、専門のスクールに通うか、通信教育を活用して受験勉強に努めるのが多数派となっております。
各教科の合格率のパーセンテージは、およそ10%少々と、全科目ともに高い難易度とされる公認会計士試験は、1回に全部合格する必要の無いので、会社で働きながら合格を勝ち取ることができる、資格となっております。

実際に公認会計士試験は、超難関国家試験というように言われておりますので、経験豊富な教師陣が揃った予備校に通学するようにした方が、確実に無難かと思われます。ですけど、一切合切独学だとしても受験生により、スゴク効率があるケースもあったりします。
このWEBサイトについては、現役で活躍している公認会計士が、公認会計士試験で合格を勝ち取れる正しい勉強法をアドバイスし、且つ沢山の公認会計士資格の通信講座の受験生間においての人気の現状、個人の口コミなどの調査をして、まとめたHPとなっています。
他よりもかかる費用が安い、問題範囲を絞り、かける合計の学習量を少なく設定しているカリキュラム制度、精度の優れたテキストブックなどが人気になっている実績豊富なフォーサイト。公認会計士の通信講座と言えばこの会社!と言えるくらい、高い人気を誇っています。
公認会計士試験というのは、現実的には筆記タイプの試験だけしか無いものであると、思っていいです。と言いますのは、口頭試験につきましては、何か無い限り決して落ちることのない難しくない試験とされているためです。
合格して、これから「独力で開拓したい」とした強固な志がある受験者でありましたら、どんだけ公認会計士の難易度の加減が高い場合でも、その大壁さえも必ずクリアできるかと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|輪にかけて難し... | トップ | 公認会計士|100パーセント独... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL