経験13年の中堅会計士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験の会計士が教える受験に関する情報から独立開業、そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|どのような事柄に対しても「法律を基本にして物の捉え方が出来る人」であるかそうではないのかということをチェックするような…。

2017-07-27 11:20:01 | 日記

通学授業プラス通信講座の2タイプを順番に受けられる、人気の「資格の大原」につきましては、超質の高い教材と、さらに頼れる教師たちで、公認会計士合格者全体の50%の人数を世に出すといった名誉ある実績を誇っています。
不適切な勉強法で取り組み、紆余曲折することほど、無意味なことはございません。正しくベストな手段で短期にて合格を獲得して、念願の公認会計士の仕事に就こう。
経験豊かなスペシャリストの講師陣にその場で見てもらえる通学するメリット面に関しましては、良いと思うのですが、意欲さえ保ち続けることにより、公認会計士資格取得の通信教育での学習にて、確実に力をつけていくことが出来るといえます。
輪にかけて難しいというように知られている公認会計士試験の難易度の水準は、大変高度で、合格率の平均値も僅か3%くらいと、法律系の国家資格の中においても、最高ランクのド級の難関試験なのです。
法令の消費税法に関しましては、公認会計士試験の主な科目の中におきましては、あんまり難易度は高くなっておらず、簿記の基礎の学識を押さえておくことにより、他よりも難しいことなく、合格レベルに到達することが出来るはず。

合格が叶わなかった場合の、総勉強時間のムダを思いますと、公認会計士資格の受験は専門学校の通信講座、でなければ学校に行って授業を受講する通学講座の選択を行うのが、間違いなく無難だろうと思っています。
状況が許せばリスク回避、安全性を重視、用心を重ねてという狙いで、公認会計士試験のケースでは、プロ教師陣が揃う学校に通い学習した方がいいでしょうけれども、完全独学を1つの道に選んでも差し支えないです。
いざ個別の論点をやりはじめたら、基本関連性がある演習問題に可能な範囲で積極的に取り組んで、いくらか問題に慣れておくような勉強法をプラスするのも、公認会計士試験の簿記論対策法にとっては特に有効であります。
100パーセント独学で進めているけど、時間の管理や且つまた勉強の仕方などなど、ちょっぴり不安を感じてしまうなんて場合であったら、公認会計士試験に対応する通信講座で学ぶというのも、1種のアプローチ法といえます。
現実的に公認会計士資格取得を志すケースでは、学校にも通わず独学スタイルで合格しようとする方がかなり少ないということもありまして、これ以外の国家試験より、役立ちそうな市販の参考書なども全くと言っていいほど、本屋さんに売っていません。

現下、ないしは先々、公認会計士の資格試験に通信教育なども受講せずに独学で挑戦する人に対して作成した、ポータルウェブサイトとなっています。サイトの中におきましては合格を実現するための工夫や、現場での仕事の流れ、加えてその魅力的な部分を定期的に配信しております。
実際司法試験と近い勉強法で進めると、0からはじめる公認会計士試験に狙いを定めた受験生に比べて、勉強にかける量が非常に沢山になりがちであります。かつさらに見合う結果は生まれず、コスパが低くなっています。
法律を専門に勉強しておらずとも、並びに実務の経験ゼロであっても公認会計士を目指せますが、ともあれ一から独学である場合は、めちゃくちゃ勉強しなければいけないことも要必須です。私自身も専門学校等に通うことなく独学で合格した為、深く感じています。
どのような事柄に対しても「法律を基本にして物の捉え方が出来る人」であるかそうではないのかということをチェックするような、すこぶる難易度の高めの資格試験になってきているのが、今時の公認会計士試験の実態ではないかと思います。
今まで法律知識ゼロにも関わらず、短期の間で公認会計士試験合格を果たす受験生もいます。合格をした方々に見られます共通する部分は、自身にピッタリの「効率的な勉強法」を確立したことです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|原則的に公認会... | トップ | 公認会計士|中でも9月初旬か... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL