経験13年の中堅会計士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験の会計士が教える受験に関する情報から独立開業、そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|合格率の数字が全体の内の7%だと言われると…。

2017-06-16 13:00:01 | 日記

合格率の数字が全体の内の7%だと言われると、公認会計士試験は非常に難易度が高くって狭き門のように思ってしまいますが、指標に基づくボーダーラインの全体の60%以上の問題に正解することができましたら、合格実現は絶対でしょう。
実際に現場において法人税法は、会社を経営するうえにおいて、決して欠かすことの出来ないマストな知識になります。さりとて、中身のボリュームが沢山あることによって、公認会計士試験の教科の中にて1番の壁となっています。
只今、もしくは後々、公認会計士資格取得試験に専門学校にも通わず独学で受験を行う方のために企画制作しました、特化した専門サイトです。コンテンツには合格をゲットするためのチェックしておくと良い注意点や勉強方法の助言、リアルな仕事の全容、魅力的な点などをお知らせしております。
各々の教科の合格率に着目しますと、概ね10%ぐらいというように、いずれの科目とも難易度のレベルが高い水準の公認会計士試験は、科目ごとの合格システムをとっているんで、社会人をしながら合格を現実にすることが可能な、資格でございます。
実際に科目合格制度をとっております、公認会計士試験におきましては、同じタイミングに1度に、5教科を受験するといったことはしなくてよくって、時期を分けて一つの科目ごとに受験してもよい仕組みです。合格した科目については、この後も公認会計士となるまで有効とされていて2回受ける必要はないのです。

実際公認会計士試験については、生易しい試験ではございません。合格率の値は、概ね10%であります。けれど、一回のみの試験ではあらずに、5年間くらいかけて合格を狙うのであれば、それほどまでにやってやれないことではありません。
学習にあてることができる時間が日々十分ある方ならば、通常の勉強法をやり続けることにより、公認会計士試験の合格を目指せますが、常日頃会社など日常生活で暇が無い人に対しては、現実に沿った取り組み方とは断言できません。
通学講座コースかつ通信講座コースの両方を掛け合わせて受講できるカリキュラムがある、長年の実績が名高い「資格の大原」は、優良な学習材と、プラス実力のある講師陣で、公認会計士合格者の全体数の50%を輩出するという輝かしい実績を誇ります。
実際に教師陣より直接的に指導してもらえる学校通学の特徴は、意欲をかきたてられますが、集中力さえ持ち続けられれば、公認会計士の通信教育での学習によって、不足のないスキルアップが出来るでしょう。
そもそも通信教育は、教材自体の質が結果を左右します。ここ最近はDVDだとかネット経由の動画配信などの映像系教材も増加していますが、公認会計士の専門スクール毎で、教育内容は多種多様です。

昨今の公認会計士につきましては、全体的に合格率が6%程度という統計が出ており、デスクワーク・事務系資格では、難関といわれている資格になっています。けれども実際のところ、試験の全問題のうち60%正答であったなら、間違いなく合格するのです。
毎回合格率がたった3%の高難易度の、公認会計士試験で合格を狙うには、完全独学の勉強のみで挑むのは、手強い場合が多く見られ、専門学校に通うかもしくは、通信教育を受講して受験勉強をするというのが一般的といえます。
基本公認会計士試験の主な特徴を挙げると、設定された目安に基づいて評価を実施する実力を問われる試験でありまして、資格合格者の総数を取り決めていないので、つまりは試験問題の中身の難易度の水準が、明確に合格率に表れてきます。
公認会計士の合格を狙うには、基本的に適切な勉強法でのやり方が、非常にマストです。このサイト上では、公認会計士試験の予定及び専門の参考書の選び方など、受験者にとりまして価値ある情報などを載せています。
合格率の数値が1割にも満たない7%前後と、公認会計士試験は非常にハードな難易度の法律系国家試験です。とはいえ、過度に恐れなくてもよいのです。努力を積み重ねれば、誰であっても確実に合格は得られるはず!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|実際に公認会計... | トップ | 公認会計士|ずっと前より…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL