経験13年の中堅会計士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験の会計士が教える受験に関する情報から独立開業、そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|通学講座&通信講座の2種を並行して受講できるカリキュラムがある…。

2017-06-09 18:30:01 | 日記

実際に国家試験の公認会計士試験の合格率の割合は、10%強と、物凄く難関と言われております割には、他の国家資格よりも高合格率となっています。しかしながら、一度目で合格するのは、不可能に近いと聞かされました。
常時何事にも「法律をベースに置いた客観的な視点で物事を見ることが出来る人間」であるのかないかを審査されているみたいな、物凄く難易度の上がった試験としていわれているのが、ここ数年の公認会計士試験の事実ではないでしょうか。
このインターネットサイトに関しては、現役で活躍している公認会計士が、公認会計士試験の効率いい勉強法のコツを紹介し、日本全国の公認会計士資格取得の通信講座の一般受けの様子、リアルな意見などをチェックし、説明している情報サイトとなっております。
国家資格取得をするための講座が受けられるスクールかつ中身なども大変多種多様であります。であることから、数多くある公認会計士を対象に開かれている講座の中より、忙しい受験生でも勉強が行える、通信講座を開いているスクールの比較を行いました。
世間一般で難関とされております公認会計士試験の難易度に関しましては、まことに難しくって、平均の合格率も大体3%未満と、法的な国家資格の内でも、トップを誇る難関の試験となっています。

無駄が多い勉強法を実行して、迂回することほど、無意味なことはございません。必ず1番GOODな手立てで短い期間で合格を獲得して、憧れの公認会計士になりましょう。
基本公認会計士試験におきましては、メチャクチャ難関であると言われております、国家資格の中の1つです。ここでは、目的とする公認会計士試験に必ず合格するために有効な勉強法などを、管理主自身の合格までの道の体験記を基とし様々記載していくつもりです。
最近公認会計士の通信講座にて、第一に効果が期待できるおススメ先はLEC(レック)のコースです。利用する学習書は、公認会計士の受験生の中で、1番使える教科書として評判となっています。
演習問題を何度もやってよく理解し基礎を築いた後、実践的な総括問題・思考問題へとステップアップしていく、基本の勉強法をやっていくのが、公認会計士試験の上で簿記論を極めるには、効果が高いようでございます。
世間的に公認会計士の資格取得は、国の法律資格試験の高い壁でありながらも、若者から中年まで広い層に人気が集まっている一方で、試験合格後には、自ら公認会計士事務所を設けて、最初から開業するという方法も選択として選べる唯一の法律系専門試験なんです。

実際に全資格試験科目の平均での合格率は、大体10〜12%位で、様々にある他の難易度の高い資格よりも、いくらか合格率が高くとられがちですが、これについては各々の試験科目の合格率の割合であり、公認会計士試験そのものの合格率ではありませんので、勘違いしないようにしましょう。
公認会計士と並ぶ法律系の国家資格とされ、深い知識・経験を要する業務を担う、公認会計士と公認会計士でございますが、難易度のレベルは公認会計士の方がハードで、それだけでなく執り行う業務の詳細にも、結構違っております。
現実的に合格率3%前後の門戸の狭い、公認会計士試験において合格を獲得するには、1人独学での勉強のみで挑むのは、スムーズに行かないことが多々あって、スクール通学OR通信講座を受けるかのどちらかで受験に向け勉強をやるのがほとんどであります。
あの法科大学院を修了したスキルを持つ人だろうと、不合格結果がもたらされることも見られるほどなので、効率的な能率的な勉強法を把握した上でトライしなければ、公認会計士資格試験に合格するのは難関といえるでしょう。
通学講座&通信講座の2種を並行して受講できるカリキュラムがある、資格取得専門の有名どころ「資格の大原」については、高い精度の教材類と、かつ資格取得指導スペシャリストの講師陣で、公認会計士合格者全体の50%の人数の結果を出す自慢の実績を誇っています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|ずっと前から公... | トップ | 公認会計士|事実授業料30数... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL