経験13年の中堅会計士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験の会計士が教える受験に関する情報から独立開業、そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|今日この頃は公認会計士試験合格対策の…。

2017-06-14 02:10:01 | 日記

実際に公認会計士試験は、超難関国家資格試験となっているんで、まず専門の資格学校に入った方が、ベターです。さりとて、たった一人で独学で進めても、とても上手くいくなんていった事柄もあったりするようです。
言ってしまえば第一段階合格最低点の「足切り点」といいます受験制度が、公認会計士試験には設定されています。つまるところ、「決められた点に到達していないと、不合格の判定になります」とされます境界の点数があるんです。
資格取得が難しい試験といわれる公認会計士試験に対しては、本気で頑張らないと合格することはできません。もちろん全て独学で試験に合格する場合は、かなりの努力が必要でしょう。僅か程度であっても役立つような情報サイトとして使用してくれればハッピーです。
従前に日商簿記2級や1級レベルを最初から最後まで独学で取り組んで、合格された人だったら、公認会計士試験の中の簿記論ですとか財務諸表論の2種類に限るなら、基礎があるので独学で合格を目指すといったことも、厳しいことではないと思われます。
どんな問題にも「法律をモノサシに考えることが可能な人物」であるか否かを確認されているみたいな、大変難易度アップの試験になってきていますのが、ここ数年の公認会計士試験の実態といったように思われます。

今日この頃は公認会計士試験合格対策の、インターネット上のサイトページであるとか、プロの公認会計士が、受験生に対してメールマガジン等の配信を実施しており、情報を使いこなす力に加えてモチベーションをより高めるにも役立つものではないかと思います。
イチから全て独学で貫きたいのは理解できるけど、日々のスケジュール調整であったり受験勉強の方法などに、気がかりに感じるというケースでしたら、公認会計士試験用の通信講座を受けてみるなんていうのも、それも1つの選択といえるでしょう。
学習のための時間が日頃多くつくることができます受験生の方は、模範的な勉強法をやり続けることにより、公認会計士試験に合格する可能性が高いですが、年がら年中仕事・家事など多忙を極めている人にとりましては、ベストな取組方法とは言い切れません。
学校に通う通学講座と家で勉強する通信講座の双方のコースを同時進行で受けられる、CMでも有名な「資格の大原」は、高精度の教科書と、加えて優秀な講師たちによって、公認会計士試験の合格者の1/2を巣立たせる自慢の実績を誇っています。
公認会計士の資格は、法律で定められている資格取得試験の入門編として、若い世代だけでなく中高年の方にも高人気であるのですが、合格となった後には、いざ公認の個人事務所を立ち上げ、独立して開業を行うのも選べる法律系専門資格試験となっています。

国家資格取得をするための講座が受けられる専門学校も学習方法ともどもいろいろございます。そのため、数え切れないほどある公認会計士専門講座の中から、なかなか勉強時間を確保できない方であっても修学可能であります、通信講座を行っているスクールを見比べてみました。
基本公認会計士試験におきましては、非常に難関といった風に言われる、日本の国家資格の1つ。ここのサイトでは、将来公認会計士試験に必ず合格するために把握しておくべき勉強法等を、自分の合格するまでのリアルな実体験をベースに紹介いたします。
DVD教材や、テキストだけでの勉強方法に、僅かに心配&不安があったりするのですけど、実際に通信講座(通信教育)を受講して、公認会計士の難関資格を取った先達も多数存在していますし、よって1人独学で頑張るよりは、マシであるだろうと受け止めています。
ずっと昔から、全くの法律知識ゼロから取り組み出し、公認会計士試験合格に絶対必要な合計の勉強時間は、「3000時間程度」と伝えられています。現実確かに、一発で合格を果たした人の勉強の累計時間は、大きな開きは無く3000時間くらいと言われております。
合格率の数字が7%ほどと、公認会計士試験は難易度のレベルが高い国家試験でございます。されど、行過ぎるくらい怖気づくことはないです。一生懸命頑張れば、誰であろうと必ず合格を獲得することは可能です!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|ユーキャン主催... | トップ | 公認会計士|通学講座コース... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL