経験13年の中堅会計士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験の会計士が教える受験に関する情報から独立開業、そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|学習にあてることができる時間が昼夜たっぷり持てる人は…。

2017-07-12 10:40:01 | 日記

各年、2万名〜3万名程度の人達が資格試験を受験し、ほんの600人〜多くて900人に限ってしか、合格が難しいです。その1点に目を向けても、公認会計士試験の難易度レベルが高度であることがわかるでしょう。
資格試験を受験する前に会計事務所あるいは公認会計士事務所で働いて、実戦での経験を重ねていきながら、マイペースで頑張っていくというような方でしたら、通信講座を選択する方がマッチしていると考えます。
要するに独学しようとも、キッチリ満遍なく、公認会計士全般に関しまして自分のものにできるんであったら、合格を叶えるということは可能であります。しかしながら、それについては物凄い、何ヶ月も取り組むことが必須です。
実際に公認会計士資格取得試験の合格率の数字は、概ね1.75%という結果が出ています。今日び、法律専門研究の法科大学院の教育機関が開講されて、全部の教育課程を終えることが出来れば、新司法試験を受けられる資格が授与されます。
法律系資格の中で、高度な知識や経験を必要とする役割をする、公認会計士&公認会計士ですけれども、難易度のレベルは公認会計士の方が難度が高くて、加えてその活動内容にも、大分それぞれ違いがあるものです。

基本通信教育では、公認会計士試験に向けての対応策をパーフェクトに記載した、オリジナルのテキストやDVD教材が揃っているので、オール独学より勉強の手順が得やすく、学習がしやすいのではないでしょうか。
つい最近の公認会計士は、物凄く試験の難易度のレベルが高くなっていて、いずれの通信教育を選ぶかによって、合格への道が決まるものです。ただし、同業社がいっぱいあるので、どこを選ぶと合格への道に近いか、判断が付かない方も多いのでは。
実際法務専門の法科大学院の卒業者であろうと関係なく、不合格の判定がでることが無いわけはないので、的確な効率のいい勉強法を把握した上で取り組みを行わなければ、公認会計士試験合格を実現するということは難関といえるでしょう。
個々の教科の合格率の数字に関しては、大まかに10%そこそこと、それぞれの教科ともに高難易度の公認会計士試験は、科目合格制度が採られているから、日中も働きながら合格を志せる、資格といえるでしょう。
基本として、公認会計士試験に完全に独学で合格を目指すのは、相当厳しいという現実を確認しておきましょう。そのことについては今までの合格率の数値が10%に到達しない真実があることによっても、誰の目にも明らかに推察できることです。

国家資格の内でも最上の難易度といわれている公認会計士試験の概要は、憲法はじめ11の科目の法律からいろんな試験問題が出題されるため、合格を獲得しようとするには、長期的な受験勉強が必ずいります。
学習にあてることができる時間が昼夜たっぷり持てる人は、一般的な勉強法を取り入れることによって、公認会計士試験をパスすることも有り得ますが、常日頃会社など多忙を極めている人にとりましては、確実な術だとは言えないでしょう。
門戸が狭いというように名高い公認会計士試験の難易度の状況は、大層高めのものになっており、合格率の平均値もほんの3%前後と、法律系の国家資格の中でも、トップクラスの難関資格試験となっております。
公認会計士試験に関しましては、歳や性別・学歴などの制約はありませんから、どんなに若くても年を経ていても資格取得を狙うことが出来るようになっております。例え法律に関しての知識・経験が全然無くとも、確実な受験の対策を行えば、合格可能でございます。
実際公認会計士試験を独学にてパスすることは、かなりハードといえますが、勉強法に工夫を加えたり、有益な情報をちゃんと集めるようにすることで、短期スケジュールにて合格を志すといったことも、出来てしまうのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|基本特徴ある科... | トップ | 公認会計士|こちらのサイト... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL