経験13年の中堅会計士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験の会計士が教える受験に関する情報から独立開業、そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|司法試験と変わらない勉強法でありますと…。

2017-07-11 20:10:01 | 日記

従前は合格率の値が10%位が定番になっておりました公認会計士試験だったけども、最近は、一桁の数値におさまっています。当然合格率が一桁といえば、高難易度の難関資格のひとつとして、認められます。
実際公認会計士の通信講座の中にて、とりわけオススメのものは、LEC(Legal Education Center) でございます。使うテキストブックは、公認会計士を志す受験生たちの間で、特に良い専門テキストとして一定の評価がございます。
毎年総じて、公認会計士試験の現実的な合格率については、大体2〜3%程度でございます。学習にかける時間数との釣り合いを見ると、公認会計士資格試験がどんだけ狭き門か頭に思い描けるはず。
市民に身近な『まちの法律家』の存在として、不動産や会社の登記手続きなどの専門家として活躍する公認会計士の受験をする際は、条件・経歴は必要とされておりません。原則的に誰でありましても挑戦することができるため、通信教育の講座内でも、性別かつ年齢関係ナシに関心が向けられている資格の一つです。
結論から言うなら、実際独学しようとも、万全に、公認会計士の仕事について認識できるものならば、合格ゲットも実現可能です。ただし、そうなるためにはかなり、長い期間に渡るということが欠かせません。

近々資格をとろうと受験学習をし始めるといった方は、「公認会計士試験については、どれだけの学習時間を保ったら合格可能なのか?」等が、やっぱり事前に知っておきたいことでしょう。
昨今は公認会計士試験の対策を掲載した、オンラインサイトでありましたり、現役のプロの公認会計士が、受験生宛てに定期的にメルマガなどの配信を実施しており、情報能力またやる気をキープするためにも活用することができるでしょう。
通常公認会計士試験は、それぞれの科目で2時間だけしか受験の時間がないです。その時間内に、合格レベルに達する点をゲットしなければいけないから、言うまでも無く迅速な回答は要求されるといえます。
公認会計士の合格者の合格率は、1・2%程度というデータが出ています。今日、法律専門研究の法科大学院というものが新たにつくられて、その教科過程を済ませれば、新司法試験を受験することができる資格が授けられます。
予備校の公認会計士向けのレッスンを受講したいんだけど、近くの地域には予備校がどこにもない、仕事が忙しく休みがとれない、家の用事などで学校に行く時間がないといった受験生のために、それぞれの学校では、通信講座制度を用意しております。

やっぱり公認会計士試験に挑戦する場合には、全力で臨むようにしないと良い成果を得ることが出来ない、高難易度の試験であると思い知らされます。空いた時間を効率良く&集中して費やしながら学習をコツコツ続けた方が、合格を手にすることができる実力本位の試験です。
1教科ずつの合格者の合格率は、概ね10%強というように、各々の教科もそろって難易度高の公認会計士試験は、いわゆる科目合格制であるため、会社で働きながら合格することも現実にできる、国家資格といえます。
司法試験と変わらない勉強法でありますと、法律知識ゼロからスタートする公認会計士試験に狙いを定めた受験生に比べて、勉強時間&勉強量が膨大になりやすいです。それだけでなしに見合う成果は見られず、コストと効果の関係がアンバランスです。
現実、公認会計士を目指すといった際については、学校にも通わず独学スタイルで合格を獲得しようとする人が多く存在していないことも関係して、実は他の法律系試験と照らし合わせると、市販テキストの種類も満足のいくほど、つくられておりません。
通学講座+通信講座の2つのコースを順番に申込可能である、長年の実績が名高い「資格の大原」は、高精度の教材類と、さらに頼れる教師たちで、常に公認会計士合格を獲得した人の半分を世に送り出す素晴らしい実績を残しております。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|現在は公認会計... | トップ | 公認会計士|以前においては... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL