経験13年の中堅会計士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験の会計士が教える受験に関する情報から独立開業、そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|只今多くの皆様方が…。

2017-06-28 22:10:01 | 日記

実際に、公認会計士試験にたった一人で独学で合格を狙うのは、超難しいことということを覚えておくといいでしょう。そのことは従前の合格率の値が10%を超えることのない現実からも、目に見えて推察できることです。
只今多くの皆様方が、高難度の公認会計士のリアルな合格体験ブログの類を、色々わざわざサーチしてチェックを入れる理由とは、十中八九、どういった勉強法やスタイルがご自身に合っているのか、戸惑っているからではないですか。
実際に公認会計士試験を通信教育等に頼らず独学で合格するのは、超困難ですけれど、勉強法に工夫を加えたり、重要な情報を十分整理することで、ごく短期間で合格することも、可能といえるでしょう。
独学スタイルでの公認会計士資格試験の勉強法を選ぶ状況で、最も問題としてあがるのは、勉強中に何か疑問事項が発生した場合があれど、周囲に質問できる相手がいないことであります。
公認会計士の通信講座内で、一等推奨されている学習講座は、LEC(東京リーガルマインド)といわれています。利用されている教科書に関しましては、公認会計士を志す受験生たちの間で、最良の指導書として評判が高いです。

公認会計士資格試験の合格率は、およそ1.75%ぐらいと知られております。近年、日本には法律を専門に学ぶ法科大学院がつくられ、そちらの教育課程を修め終えれば、新司法試験を受ける資格+法務博士の学位を手にすることができるのです。
基本的に公認会計士試験につきましては、1科目毎にわずか2時間しか受験の時間がないです。限られた制限時間内に、合格域に入る点数を取らないといけない為に、無論素早さは必要不可欠です。
基本的に公認会計士試験の特色に関しては、点数が全てを決める試験体制で、合格判定の合計人数をハナから決定付けていないから、結局のところ当日の問題の難易度レベルが、確実に合格率に表れてきます。
一般的に通信教育では、どちらの学校でも公認会計士試験に向けての術を不足なくピックアップした、受験向けの学習教材がございますので、独学と比較して学び方が掴み取りやすく、勉強を効率的に進めやすいのではないかと思います。
難易度レベルが高い「税法理論暗記」をメインに、公認会計士試験勉強法のアドバイスプラス頭脳訓練、速聴・速読法ということ等についても徹底的に追求!更には記憶術であるとか、勉強に、貢献する&実践的な各種ツールを幅広く載せていきます。

もしも日商簿記検定の1級か2級を独学の学習で、合格することが出来た方であるなら、公認会計士試験の中の簿記論、財務諸表論の計算問題メインの2教科に限るなら、双方独学スタイルで合格を得るというのも、不可能な事柄ではないといえるかもしれません。
私自身公認会計士試験の勉強を進める中では、集中力が継続し辛かったり、モチベーションの保持が辛かったりというデメリットな面も見られたわけでありますが、全体的に見て通信講座をし続けて、満足できたという結論が出ています。
実際に通信講座ですと、公認会計士であろうと公認会計士であっても、いずれとも家にいながらも教材各種を送付して貰えますから、各々の限られた時間を有効活用して、机に向かうことができるのです。
一般的に公認会計士試験は、超難関と知られている、国家資格の一つであります。こちらのサイトでは、目標の公認会計士試験に一発合格するための能率的な勉強法等を、運営者自信の合格を掴むまでの実体験を経て得た情報を踏まえて紹介いたします。
簡単に述べますと試験での点数には「足切り点」といいます注意すべき制度が、公認会計士試験には存在しております。簡単に言うならば、「必要な点数に達していないという場合は、通過できずに不合格となりますよ」とされる点数といったものがあらかじめあるのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|長所いっぱいの…。 | トップ | 公認会計士|無論たった一人... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL