経験13年の中堅会計士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験の会計士が教える受験に関する情報から独立開業、そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|簡単に述べますと「足切り点のライン」といった気になる制度が…。

2017-07-13 17:40:04 | 日記

今多くの方々が、公認会計士の合格ゲットまでの道のり体験日記を、様々に探し求めてチェックを入れる理由とは、大概が、どんな勉強法・進め方が己により適正であるのか、考えあぐねているからでしょう。
地域に密着した『くらしの法専家』として、様々な問題の解決などでサポートする役目を果たす公認会計士の試験を受ける場合に、資格については一切不問です。どんな人でも挑戦可能ですから、通信教育の講座内でも、年代や男女問わず支持を集める国家資格であります。
DVD講座や、テキストを活用しての勉強方法に、ちょっと心配&不安があったりするのですけど、過去に通信講座オンリーで、公認会計士の資格取得を実現している先駆者も大勢いますし、全部独学で実行するよりは、マシであるだろうと受け止めています。
色々利点がある、公認会計士の資格予備校に通っての能率的な勉強法ですけど、数十万円というかなりの費用が必要となりますので、希望しても誰もが皆やれるわけじゃないでしょう。
一般的に毎年、2〜3万名ぐらいの方たちが受験をして、僅か600名〜900名に限ってしか、合格をゲットできません。こうした現状を見れば、公認会計士試験がどのくらい難易度が高いのかがわかるものです。

会計と税務の個別論点の中身を勉強し出しましたら、関係性がある例題に可能なだけチャレンジして、確実に問題に慣れ親しんでおくといったような勉強法を採用するのも、公認会計士試験の中での簿記論対策に関しましては殊に効力がございます。
できたらもしもの場合に備える、リスクを低くする、大事をとり慎重にという意味で、公認会計士試験に挑むにあたって、合格率が高いスクールに頼った方が安全策ではありますけれど、独学でやることを選択肢の一つに入れても良いといえます。
簡単に述べますと「足切り点のライン」といった気になる制度が、公認会計士試験には存在しております。簡潔に言えば、「規準点に届いていないと、不合格判定になります」とした点数がございます。
少し前までは合格率約10%以上を保っていた公認会計士試験でございましたけれども、最近は、1割以下の率でおさまりつづけています。合格率一桁台であると、難易度上位の難関国家資格として、挙げてもいいでしょうね。
このインターネットサイト上では、公認会計士資格取得の通信教育を、しっかり選定することができるように、第三者的な立場で判断可能な多種多様な材料を掲載していきます。そしてそれを参考にして、この先は己自身でオンリーワンをチョイスしましょう。

ここ数年の公認会計士は、著しく難易度レベルが高い試験で、どこの通信教育を選択するかで、合格への道が決まるものです。ですけど、沢山の会社が存在しているから、どこを選択すると間違いないか、なかなか決められない人も多いでしょう。
実際に公認会計士試験では、1科目に対したった120分しか受験の時間がないです。そうした中で、より高い合格点を目指さなければいけないため、無論要領の良さは必要不可欠です。
実際大部分の専門学校・スクールには、公認会計士資格取得の通信教育が存在します。またその中には、iPod(携帯型音楽プレーヤー)、USBメモリなどを利用して、近代の最先端のツールで通信教育を行っている、資格取得スクールもいくつか存在しています。
やっぱり公認会計士試験に挑戦する場合には、全力で臨むようにしないと合格できない、難しい試験だと心底思います。一寸の時間も無駄にせず空いている時間を最大限に使って受験勉強を継続した努力家だけが、合格を手にすることができる実力本位の試験です。
一般的に公認会計士試験は、トップクラスを誇る難関国家試験と挙げられておりますので、勉強法が確立出来ていない方は専門学校に通学した方が、ベターです。でも、全部独学で挑んでも各人によって、スゴク効率があるといったような事例もあるようです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|現実全科目での... | トップ | 公認会計士|毎回全試験科目... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL