経験13年の中堅会計士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験の会計士が教える受験に関する情報から独立開業、そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|例年全受験科目の合格率のトータル平均は…。

2017-06-17 12:30:06 | 日記

一切独学でこなしてはいても、勉強時間の管理や受験勉強の方法などに、不安を持つといった時なんかは、公認会計士試験に的を絞った通信教育(通信講座)を受けるなんていうのも、ひとつのアプローチ方法だと思われます。
数年前までは公認会計士試験の内容は、割かし取得することが可能な資格だなんて言われていたわけですが、近ごろは思い切り壁が高くなってきていて、超合格をゲットすることができないという資格とされています。
日本でもケタが違う高い難易度を誇る公認会計士試験の詳細は、11ジャンルの法律より広く難しい問題が出るため、合格したいなら、長期的な十分な試験勉強が必要でございます。
当サイトでは、公認会計士資格取得を目指す通信教育を、適切にセレクトができますように、ニュートラルな立場にて判断することが出来る様々な材料を掲載していきます。そして、その後はあなたの判断でベストなものを選んで下さい。
公認会計士の合格を実現するためには、効率の良い勉強法で取り組むのが、特に肝要です。このHPでは、公認会計士試験の日程表をはじめとする密度の濃い教本のチョイスの仕方など、受験生に向けて重宝する多様な情報をアップしております。

実際に合格率が10%以下と、公認会計士試験は難易度のレベルが高い試験の一つです。けれども、過度に気後れすることはないですよ。効率的に勉強をしていくことで、どんな人でも間違いナシに合格実現は目指せます!
一般的に5分野の科目合格にまで、長いスパンを要する公認会計士資格取得試験では、学習を継続することが出来る態勢をつくることができるかが、合格への大きな鍵となり、通信教育コースを選択する際は、なおさらそういうことが言えます。
どのような教材で学ぶのかなどより、どういった勉強法を取り入れ挑むのかということの方が、明らかに公認会計士試験を通るためには肝要になるのです
連結実務の個別論点に取り掛かり始めだしましたら、関連がみれらる良質な演習問題に可能なだけ臨むようにして、いくらか問題に慣れておくような勉強法を採用するのも、公認会計士試験の簿記論の科目対策には相当有効性がございます。
実際特殊な内容であるため、難易度がめちゃくちゃ高くなっていますが、されど公認会計士試験では、科目合格制度のシステムを取り入れているから、それぞれの科目ごとに何年かかけて合格をゲットしていっても、問題ない試験とされております。

基本として、公認会計士試験に全部独学で合格を得るのは、非常に困難であるという事実をあらかじめ確認しておくように。そのことに関しては過去の合格者の合格率のラインが10%に届くことがない事実があることからも、容易く推し量れるものであります。
実際に公認会計士試験の勉強をやる上におきましては、集中力を保持し続けることが出来なかったり、モチベーションを上げることが難しかったりといった欠点も見られましたが、結果的には通信講座を行って、良い結果につながったと感じています。
実際公認会計士の通信講座の中にて、一際お薦めしたいのは、LEC(東京リーガルマインド)といわれています。講座で使用するテキストセットについては、公認会計士受験生のうちで、最良のテキストブックとして評判となっています。
例年全受験科目の合格率のトータル平均は、10〜12%ほどで推移し、その他の高難易度の資格と見比べて、合格率が高くなっているように思ってしまうかもしれませんが、それについては各教科の合格率であるわけで、公認会計士試験自身の合格率ではないのです。
毎日の生活の中で時間をフル活用し、習得することが可能なため、会社に行きつつや及び家事などと二足のわらじを履いて公認会計士の難関資格を勝ち取ろうと考えがある受験生には、時間の都合が付けやすい通信講座については、実に利便性が高いものです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|高度な専門性を... | トップ | 公認会計士|今日この頃は公... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL