経験13年の中堅会計士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験の会計士が教える受験に関する情報から独立開業、そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|世間一般で難関と広く知られております公認会計士試験の難易度につきましては…。

2017-06-15 05:00:01 | 日記

合格率につきましては、公認会計士資格取得の難易度具合が理解できる顕著なモノサシの一つなのですが、最近、この値が明白にダウンしており、多くの受験生達で話題になっております。
今の時代は公認会計士試験の指南を記した、オンライン上のポータルサイトとか、プロの公認会計士が、受験者を対象にして勉強方法を記したメルマガ等を配信するサービスなどを行い、情報を集める力+日々のモチベーションともにずっと維持し続ける為にも役立つかと思います。
科目合格制となっております、公認会計士試験においては、1回に一気に、5ジャンルの科目を受験することは決められておらず、時期を分けて一つの科目ごとに受けても良いということになっております。合格できました科目に関しては、この先公認会計士になるまで合格として認められます。
今、はたまた今後、公認会計士に一から独学で挑む人を対象として公開しております、公認会計士のための専門サイトとなっております。その中では合格をする為のキーポイントまた、現場での仕事の流れ、加えてその魅力的な部分をお伝えしています。
世間一般で難関と広く知られております公認会計士試験の難易度につきましては、物凄く厳しく、合格率のパーセンテージもたったの2%・3%と、法律系の国家資格の中においても、指折りの超難関試験といえます。

毎年合格率が約2・3%の狭き門とされる、公認会計士試験において合格を獲得するには、独学で行う受験勉強だけですと、スムーズに行かないことが多くあり、予備校に通学するか、通信講座(通信教育)にて勉学に励むのが一般的な対策となっています。
無論、公認会計士試験に関しては、全力を注がないようだと満足のいく成果がみられない、極めて手ごわい試験だと痛切に感じています。空いた時間を有効に利用し学習を行った人が、結果合格することが可能な試験なのであります。
無駄が多い勉強法で臨んで、自ら遠回りをしてしまうのは非常にもったいないことです。是が非でも1番GOODな手立てで短期間にて合格を実現し、公認会計士になる夢を叶えましょう。
いざ公認会計士試験を自分の力で独学にて臨むといったことは、すっごくハードルが高いのですが、そうであっても自力で貫きたいと思っている受験生は、差し当たり会計に属する科目をマスターすることから入るようにするのがおススメ。
実際に公認会計士資格取得試験の合格率の数字は、約1.75%と認識されています。つい最近では、日本には法律を専門に学ぶ法科大学院が建てられ、その教科過程を修め終えれば、新司法試験を受験することが可能な資格が授与されます。

このサイトは、現役で活躍している公認会計士が、公認会計士試験のベストな勉強法指南をはじめとする、かつまた数多くの公認会計士資格取得専門の通信講座の世間での人気状況の実態、口コミ投稿etc.をチェックし、とりまとめた専門サイトであります。
学習に集中することが可能な時間が日常的に沢山あるという方は、通常の勉強法により、公認会計士試験の合格も実現可能ですけれど、自分で別の仕事をしているなど時間制限があるといった人には、現実に沿った取り組み方だとは言えないでしょう。
公認会計士試験を受験する場合には、基本的には筆記式の試験しか存在していないというように、思っていていいですよ。そのワケは、口述形式の試験は、ほとんどの場合不合格とはなり得ない試験の中身だからです。
基本公認会計士試験におきましては、1科目ごとで2時間だけしか試験時間がないものです。限られた制限時間内に、ミス無く合格点を出さなければならない為、もちろん迅速な回答は必要不可欠です。
現実的に30万円以上〜、時々には50万円〜必要な、公認会計士向けの通信講座も珍しいことではございません。そうして受講期間についても、1年を過ぎる長期にわたってのスタイルであることが、よくあるものです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|昔から毎年…。 | トップ | 公認会計士|基本的に演習問... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL