経験13年の中堅会計士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験の会計士が教える受験に関する情報から独立開業、そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|日本で実施されている国家資格の中でも非常に難関と言われている難易度である公認会計士試験については…。

2017-07-14 18:30:04 | 日記

極力リスクマネジメント、安全性を重視、念を押してという意味で、公認会計士試験に挑むにあたって、予備校に足を運ぶ方がいいでしょうけれども、オール独学を1つの道に選んでも良いのではないでしょうか。
事実公認会計士試験は、スゴク高難易度でございます。合格率の数値は、10%程となっています。しかしながら、一度に限った試験ではなくって、数年かけて合格を志すつもりであるなら、格別大変なことではないでしょう。
通常5科目合格を叶えるまでに、年数を要することになる公認会計士資格取得の受験では、数年にわたり勉強していける安定した環境が、重要で、学校通学ではなく通信教育コースに関しては、取り分けそういった事柄が関係してきます。
現実的に難関資格として周知されている公認会計士試験の難易度状況は、物凄く高度なもので、合格率の平均値も概ね2・3パーセントと、法的な国家資格の内でも、ハイレベルとされる難関国家試験です。
オールラウンドで活かせるテキストであれど掲載されていない、学識が必要とされる問題につきましては、早々に諦めるべきです。割り切る姿勢も、高難易度の公認会計士試験に挑むには、重要事項なのです。

実際に大勢の人たちは、よく知られた会社だから大丈夫などという、根も葉もないいい加減なきっかけで、通信教育(通信講座)をチョイスしがちでしょう。されど、そういったことでは難易度が高い公認会計士に、合格することは出来ないと思われます。
実際に公認会計士試験の勉強をやる上におきましては、長時間集中力の持続が出来なかったり、常にモチベーションをキープすることが難しかったりといった弱点も結構あったわけですけど、全体として通信講座をやって、良い結果につながったと心底思います。
日本で実施されている国家資格の中でも非常に難関と言われている難易度である公認会計士試験については、11科目の法律の内から数多くの問題が出題されるものなので、合格を狙うには、長期スパンの学習をすることが大事です。
実際公認会計士の合格率の値は、1〜2%位という結果が出ています。最近では、日本には法律を専門に学ぶ法科大学院が建てられ、そちらの教育課程を修了することで、新司法試験受験資格というものが手にできます。
当然ながら一から独学で、合格を勝ち取るのは、無理ではありません。しかし、毎年公認会計士試験は10人チャレンジしても、全員アウトになるハードルの高い試験といわれています。合格を勝ち取るには、優れた学習方法をマスターするべきです。

一年の中でも9月〜、この次の年度の公認会計士試験に向かって下準備しはじめるなんて方々も、多いでしょう。1年間ほどに及ぶ気力&体力が求められる受験勉強においては、ご本人に適当な勉強法を把握する創意工夫も大事であります。
はじめから独学だけで勉学するほどの、自信はゼロですが、もしも自身の進行加減で勉強を取り組みたいと考えている方ならば、事実公認会計士専門の通信講座をセレクトした方が、効率的な勉強法であります。
公認会計士試験を受ける際は、本音で言えば記述式の筆記試験だけしか用意されていないと、思っていて構わないといえます。どうしてかと言えば、もう一つの口述試験は、余程マズイことをしない限り決して落ちることのない形式的な試験だからです。
つまり公認会計士試験とは、公認会計士の資格を取得するために要必須な造詣の深さ、そしてその応用する力や素質が備わっているかどうであるのかを、判別することを目的に掲げ、行われている高難易度の国家試験です。
個別論点問題をしだしたら、基本関連性がある演習問題にめいっぱい積極的に取り組んで、とにかく問題に手慣れておく万全を期した勉強法を導入するのも、公認会計士試験の中での簿記論対策に関しましては殊に効力がございます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|プロの先生方に... | トップ | 公認会計士|平たく言うと試... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL