経験13年の中堅会計士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験の会計士が教える受験に関する情報から独立開業、そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|合格率の数値が平均7%といいますと…。

2017-06-10 14:50:00 | 日記

公認会計士の合格を狙うには、手際の良い勉強法で実行するのが、とってもマストです。当ホームページでは、公認会計士試験の当日の日程ですとか密度の濃い教本のチョイスの仕方など、受験生に向けて重宝する情報等を紹介しています。
一般的に公認会計士試験は、狭き門とされております、法律系の国家資格の内の1つです。こちらにおきましては、対象の公認会計士試験に一発で合格するための工夫された勉強法などを、受験経験者自身の合格ゲットの実体験を経て得た情報を踏まえて書き記します。
多種多様な事柄をまとめたテキストブックにすらとりあげられていない、学識が必要とされる問題につきましては、速やかに諦めるようにしよう。潔いのも、難易度がめちゃくちゃ高い公認会計士試験に対しては、重要事項なのです。
一般的に合格率の値は、公認会計士試験の難易度の現状を把握できる顕著なモノサシの一つなのですが、近ごろは、このレートが顕著に下降の傾向にあり、大勢の受験生達で話題になっております。
いざ専門学校の公認会計士向けのレッスンを受講したいんだけど、近隣地域に学校が存在していない、仕事が忙し過ぎる、学校に通学しようとする時間がないなんて方を対象に、各学校毎にて、お家で学習出来る通信講座(通信教育)を開校しております。

簿記論の科目につきましては、把握しないといけない内容量は多いですが、大抵全て様々なシーンの計算問題で出題が行われますから、公認会計士にとっては、割合独学で挑んでも、理解しやすい分野の試験科目となっております。
国家資格の内でも、特段難易度が高めである公認会計士でありますが、されど合格への過程が簡単ではなく辛いからこそ、資格取得を成し遂げた先には売り手市場やお金、かつ社会的地位の高さを作り上げることができる見込みもあります。
合格率の数値が平均7%といいますと、公認会計士資格試験はめちゃくちゃ難易度が高そうに思えますが、指標に基づくボーダーラインの総体的に60%を超える問題が合えば、合格するということは確かとなるといえます。
やっぱり公認会計士試験に挑戦する場合には、不十分な努力ですといい結果が出ない、ハイレベルな試験であるといったように思えます。要するにちょっとでも空いた時間があれば有効に費やし勉強したという方が、結果合格することが可能な試験なのであります。
こちらのネットサイトに関しましては、現役で活躍中のベテラン公認会計士が、公認会計士試験のベストな勉強法をアドバイスし、主な公認会計士向けの通信講座の巷での評判、リアルな意見などの情報を収集し、解説を行っている専門サイトであります。

ずっと前より、法律の知識を何も持たず着手して、公認会計士試験合格に絶対に要る勉学に対しての累計時間は、「3000時間少々」というデータがあります。事実、初回で合格を叶えた受験者の勉強時間数は、3000時間になっています。
1教科ごとの合格率に着目しますと、ほぼ10%ぐらいというように、どの科目とも難易度が高くなっている公認会計士試験は、いわゆる科目合格制であるため、勤務しながら合格できる、資格とされています。
公認会計士試験というのは、現実的には筆記試験(記述式問題)だけしか無いものであると、考えてしまって結構です。と言うのも、口述試験に関しては、よっぽどの事が無い限り不合格になることのない容易な試験だからでございます。
合間の時間を有効的に活用し、効率的に学習を行えますから、会社へ行きながらかつまた家事などと両立して公認会計士の国家資格取得を行おうと考えておられる人たちには、通信講座受講は、物凄く役に立ちます。
今までは公認会計士試験の受験は、割かし取得することが可能な資格なんて言い表されてきましたけれども、つい最近においては物凄く難易度が上がっていて、他の資格よりも合格を実現できないという資格とされております。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|今あなた達が…。 | トップ | 公認会計士|今や合格率7%... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL