経験13年の中堅会計士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験の会計士が教える受験に関する情報から独立開業、そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|基本特徴ある科目合格制というやり方が設けられているため…。

2017-07-12 09:00:01 | 日記

一切独学で公認会計士試験にて合格を手に入れる場合には、本人自身が最善の勉強法を見出さなければなりません。そんな折に、特に最良な取り組み方法は、過去の合格者がとっていた勉強法をコピーすることといえます。
リアルに会計事務所OR公認会計士事務所・公認会計士事務所などでの現場で実戦経験を増やしながら、コツコツ勉強していくというような方でしたら、通信講座の学習方法がベターと考えます。
法律系国家試験の公認会計士試験の合格率の割合は、10%強と、高い難易度であるとよく言われているにしては、合格率が高めとなっています。だとしても、一度の挑戦で合格を得るといったことは、限りなく0%に近いと聞いています。
現実的に専門知識が要求される試験内容で、難易度が大変高いわけですが、しかしながら公認会計士試験では、社会人も受験しやすいように科目合格制度を設けておりますから、各科目毎複数年かけその都度合格をしても、オッケーとされている試験となっています。
実際に合格率のパーセンテージは、公認会計士の試験の難易度具合が理解できるハッキリと見て取れる指標の1つであるわけですが、近年においては、この割合が大分低下気味であって、受験される方々で話題になっております。

基本的に公認会計士試験につきましては、壁が高いと認識されている、ステイタスある国家資格の1つ。こちらのページでは、対象の公認会計士試験に一発で合格するための効率的な勉強法などを、私自身の合格までの道の経験を基本として色々記そうと思います。
おそらく9月ぐらいより、翌年度の公認会計士試験に挑むために取り組み始めるといった人も、いっぱいいらっしゃるでしょう。丸1年近く続くとされる厳しい受験勉強では、自分に最も合う勉強法を見出すアイデア も欠かせません。
公認会計士試験に関しては、メチャクチャ難関の国家試験というように言われておりますので、経験豊富な教師陣が揃った予備校に定期的に通った方が、より無難でしょう。ともあれ、たった一人で独学で進めても、そのやり方がマッチしているならOKであるケースもあったりします。
法令系の国家資格であって、非常に専門的な業務を執り行う、公認会計士や公認会計士でありますが、難易度の高さは公認会計士の方が難関で、さらに執り行う業務の詳細にも、大分めいめい相違しているのです。
最初から独学のみで勉強を行うという、モチベーションはございませんけど、ご自分の調子に合わせながら集中して学びたいと考える方でありましたら、公認会計士対象の通信講座を選んだ方が、打ってつけの勉強法といえます。

例年全受験科目の標準の合格率については、全体の10〜12%くらいで、別の難関資格以上に、合格率が高いように思えるでしょうが、それにつきましては各々の科目の合格率の平均値であって、公認会計士試験全体の合格率ではないんで、頭の片隅に置いておいてください。
基本特徴ある科目合格制というやり方が設けられているため、公認会計士試験は、働きながら資格取得を目指す受験生も受験にトライしやすいのですけど、逆に受験学習にかける期間が長きにわたるということがよくあります。ですので、多くの先達の勉強法の内容を覗いてみることも大切です。
実際にDVDであったり、テキスト学習材での勉強のやり方に、多少心配があるのですが、リアルに通信講座によって、公認会計士資格をゲットした先輩方も多くいらっしゃるし、なので独学で取り組むよりかは、安心できるのではないかなと思っています。
中には30万以上、または合計50万円以上する、公認会計士専門の通信講座もままございます。それに関しては受講契約の期間も、1年以上継続の長い期間の教育コースになっていることが、多々見られます。
現今の公認会計士試験については、基本筆記による試験だけしか無いものだと、考えてもOKです。何故かといいますと、口述形式の試験は、余程の事が起きない限り落ちるようなことがない試験内容だからです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|以前においては... | トップ | 公認会計士|学習にあてるこ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL