経験13年の中堅会計士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験の会計士が教える受験に関する情報から独立開業、そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|現実的に毎年…。

2017-06-20 01:40:01 | 日記

普通、公認会計士試験に全部独学で合格するといったことは、とても難しいという現実を確認しておきましょう。そのことは従前の合格率の値が10%に到達しない結果をみるだけでも、まざまざと推し量れるものであります。
現実的に毎年、2・3万名位がチャレンジし、約600名から900名に限ってしか、合格をゲットできません。この部分に着目しましても、公認会計士試験の難易度の高さが想像することが出来るでしょう。
通信講座受講の場合には、公認会計士であろうと公認会計士であっても、いずれともご自宅宛でテキストのセット等を送付して貰えますから、あなたのペースで、勉強に取り組むことが可能であります。
合格を勝ち取ることが出来なかった場合の、総勉強量&時間のリスクを思案しますと、公認会計士受験対策として予備校主催の通信講座、他には直に専門学校を活用すると言ったのが、事無きを得るものでしょう。
実際公認会計士試験に関しては、メチャクチャ難関であると言われております、国家資格として挙げられます。当サイトでは、目標の公認会計士試験に一発合格するための能率的な勉強法等を、自らの合格を掴むまでの体験談をベースとして紹介いたします。

各々の教科の合格率の割合は、大まかに10%そこそこと、全科目ともに難易度が高いとされる公認会計士試験は、科目合格制度を設けているため、社会人をしながら合格を獲得することができる、資格といえるでしょう。
難所である税法の科目「理論暗記」を主として、公認会計士試験に向けての質の高い勉強法プラス頭脳訓練、勉強力を高める速聴・速読ということに関しましてもオール調査!あとは様々な暗記の仕方ですとか、勉強をする中で、重宝するお役立ちツール等様々な情報をピックアップいたします。
世間一般で難関といったように言われております公認会計士試験の難易度状況は、超高いものとなっていて、合格者の合格率もほんの3%前後と、国家資格内でも、10本の指に入る難関資格試験となっております。
公認会計士の役割を果たす地域の法律家として、社会的に活躍が期待される公認会計士の立場は、極めて社会地位の高いといわれております資格です。ですので、その分だけ受験の難易度もメチャクチャ高くなっています。
先に法律に関しての経験などないのにも関わらずに、短期の間で公認会計士試験合格を実現するツワモノもいます。この人たちに共通している要素は、誰もが自分に最適な「効率の良い勉強法」を確立したことです。

できるなら危険を回避、確実に、用心を重ねてという狙いで、公認会計士試験の場合、プロ教師陣が揃う学校に行く方が安全策ではありますけれど、独学での受験を一案に入れても差し支えないです。
一般的に科目合格制の、公認会計士試験のシステムは、1回に一気に、5つの科目の試験を受けることは決められておらず、1つの科目ずつチャレンジしても良いということになっています。1度合格できた科目は、いずれ公認会計士となるまで合格は取り消されません。
公認会計士試験の役割は、公認会計士の資格を保有するのに基本とする専門知識とともに、それを応用する能力が十分あるのかないのかを、判別することを1番の目的に、執り行われる法律系の国家試験です。
公認会計士試験の受験勉強をする上では、集中力をキープしにくかったりだとか、モチベーションの保持が困難だったりなどの不利な点も存在しましたが、結果的にはこの通信講座で、資格を取得することが実現できたというように思っております。
実際に公認会計士試験におきましては、歳ですとか性別・学歴・職歴などという受験資格は設けていないので、誰であっても受験することが出来ます。万一法律につきましての学識が全く無い方でも、ちゃんとした受験の対策を行えば、合格可能でございます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|これまでは公認... | トップ | 公認会計士|日本でも最上の... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL