経験13年の中堅会計士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験の会計士が教える受験に関する情報から独立開業、そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|法科大学院(専門職大学院)で学業を修めた方でも…。

2017-07-17 06:10:02 | 日記

実際に公認会計士の代理の街の法律の相談請負人として、社会的に活躍が期待される公認会計士におきましては、社会階級の高い資格に挙げられます。当然、それだけ試験の難易度の程度についてもスゴク難しいです。
最も関門とされる「理論暗記」から公認会計士試験勉強法のアドバイスや頭脳の訓練、速聴法・速読法ということについても徹底追及!それ以外にも暗記方法、その上知っておくと良い勉強に、実用的なツールを掲載していきます。
1教科ずつの合格率の割合は、大概1割強と、それぞれの教科とも難易度が高度な公認会計士試験は、科目合格制度が採られているから、社会人をしながら合格できる、資格となっております。
一般的に公認会計士試験は、年齢・性別などの受験資格は指定されておらずに、これまでの学歴は条件にありません。なので、それまでに、法律についての勉強を一度もやったことが無いようでも、立派な大学を卒業していなくっても、誰でも公認会計士資格取得は可能なことです。
オール独学で公認会計士試験にて合格を得ようとする際には、自分自身で適格な勉強法を生み出さなければいけません。このために、何より最善なアプローチ法は、試験合格者がとった勉強法を参考にすることです。

法科大学院(専門職大学院)で学業を修めた方でも、試験に不合格となることが起こりえるため、本質を突いた質の高い勉強法をよく考えて本気で臨まないと、公認会計士試験に合格するのは困難といえます。
確かに公認会計士試験の内容というものは、全力で臨むようにしないと良い結果が生まれない、高難易度の試験であると思い知らされます。言ってしまうと制限ある時間を出来るだけ効率よく活用して学習に取り組んだ人が結果合格することが可能な試験なのであります。
国家資格取得試験の公認会計士試験の合格率に関しては、10%位と、難関試験とされている割には、合格率が高めとなっています。だけども、最初の一発で合格を実現するのは、ほとんど0%と言っても過言ではありません。
イチから全て独学でやり通したい気持ちもわかるけど、学習の時間管理や勉強のやり方等に、心配が生じるといった際には、公認会計士試験を対象としている通信講座を利用して勉強を行うといったことも、それも1つの選択といえるでしょう。
通信講座を受講する折には、公認会計士でも公認会計士だとか関係なく、2つとも自分の家まで教本などを送付して頂くことが可能なため、ご自分の空いた時間に、勉強を進めることができるのです。

一般的に通信教育では、どちらの学校でも公認会計士試験1本に焦点を合わせた方策を必要な分まとめ上げた、独自の教材が存在しますから、独学するよりも勉強の手順がマスターしやすく、勉強を効率的に進めやすいはずです。
基本特徴ある科目合格制というやり方だから、公認会計士試験に関しましては、仕事をしている人も受験しやすいわけですが、その反面、受験生活のスパンが長きにわたる傾向が見られます。ぜひ過去の諸先輩方たちの勉強法の内容に取り組むことも重要です。
いずれの教科書を活用して学習をするかなどということよりも、どの効率いい勉強法で学習を進めるのかという方が、はるかに公認会計士試験で合格を得るためには重要だと言えます
基本公認会計士試験におきましては、年齢であったり性別・学歴などの条件は全く無く、老若男女受験することが認められています。そのため法律に関係する知識・経験が全然無くとも、質の高い受験対応法をこなすことによって、合格をゲットすることができるでしょう。
公認会計士試験というのは、現実的には筆記形式の試験しか存在しないという風に、判断して問題ないです。何故なら、面接官との口述試験は、ほとんどの場合不合格になることのない簡単な程度の試験だからであります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|基本公認会計士... | トップ | 公認会計士|簡潔に言うと公... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL