経験13年の中堅会計士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験の会計士が教える受験に関する情報から独立開業、そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|網羅性を持った教本の中にすら載っていないような…。

2017-06-14 11:10:01 | 日記

安めの価格設定、対応する範囲を絞り込んで、学ぶ量を削減した学習システム、優れた学習材などが人気になっている実績豊富なフォーサイト。公認会計士対象の通信講座と言えば名前が一番に挙がる、と断定できるほど、受験生の間で人気となっています。
実際合格率約7〜8%と、公認会計士試験についてはかなり難易度の高い試験とされております。そうは言っても、度を越えてビビることはありません。本気で勉学に励むことにより、皆さん必ず合格実現は目指せます!
公認会計士向けの講座を受けることができる専門学校も学習方法ともども様々です。その事から、様々な公認会計士を対象にしている講座内で、忙しい受験生でも効率的に学ぶことが出来る、通信講座を設けている教育機関を照らし合わせてみました。
現実的に専門知識が要求される試験の内容ですから、難易度高ですが、そもそも公認会計士試験では、社会人も受験しやすいように科目合格制度が実施されているので、1教科ずつ複数年かけ合格をしていっても、OKな試験でございます。
一般的に国家資格の内においても、高い難易度とされている公認会計士の職種でありますけれど、合格というゴールへ到達するまでの工程が障害が多いからこそ、資格を取得した後には売り手市場やお金、また社会的地位を手にすることができる可能性もありえるのです。

簡単に言うなら「足切り点」(定められた基準点)という気になる制度が、公認会計士試験には存在します。簡単に言うならば、「範囲内の点数未満なら、不合格になる」といった点数というものがあらかじめあるのです。
一昔前までは公認会計士試験を受けても、割合取得できやすい法律系資格などと知られておりましたけど、昨今は物凄くハイレベルになっており、とんでもなく合格することが困難であるという資格の一つになります。
網羅性を持った教本の中にすら載っていないような、知識が求められる問題なんかは、サッパリと諦めるといいです。割り切りを持つのも、高い難易度の公認会計士試験においては、大切な事柄であるんです。
たった一人で独学での公認会計士を狙う勉強法を選択する時に、他の何よりも問題として出やすいことは、勉強を行っていて分からないところが発生した際に、誰かに質問するということができないことです。
国家試験の制度の修正と同時に、これまであった努力よりも運に関係する博打的条件が全てなくなって、極めて技能の有無を大きく問われる実力本位の試験へと、公認会計士試験は刷新したのです。

普通、公認会計士試験にたった一人で独学で合格を実現するのは、非常に困難であるという事実をあらかじめ確認しておくように。そのことは従前の合格率の値が10%に到達しない事実があることからも、疑う余地もなく思い描けることです。
公認会計士の合格者の合格率は、ザッと1.75%と知られております。現在、国内にて法科大学院が建てられ、そこでの教程を修め終えれば、新司法試験を受けることが出来る資格をゲットすることが可能です。
一般的に国家試験の公認会計士試験の合格率につきましては、大体10%ほどと、物凄く難関と言われております割には、合格率が高いものとなっています。とは言え、初回で合格することが出来るのは、可能性がほぼゼロと言われているようであります。
現実公認会計士試験は、やさしい試験とはいえません。合格率の値は、約10%でございます。けれども、一回に限った試験で挑むのではなく、何年かにわたって合格を狙うのであれば、そんなにもハードなことではないといえるでしょう。
税務分野の個別論点の問題を勉強し出しましたら、関係する試験の演習問題に可能な範囲でトライし、問題ないようにも慣れておく万全を期した勉強法を取り込むのも、公認会計士試験の簿記論の対応策には相当有効性がございます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|通学講座コース... | トップ | 公認会計士|一昔前までは合... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL