経験13年の中堅会計士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験の会計士が教える受験に関する情報から独立開業、そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|公認会計士の合格を実現するためには…。

2017-08-14 05:20:03 | 日記

実際に通信教育におきましては、教材そのものの品質が大きな影響を及ぼします。ここ最近はDVDかつネット配信などの映像系の学習教材も様々に取り揃っておりますが、公認会計士の各資格スクールによって、アプローチ内容はかなり異なります。
公認会計士の国家試験制度の変更において、従来の運・不運に振り回されるギャンブル的なファクターがカットされ、極めて適格性があるのかがジャッジされる実力第一の試験へと、公認会計士試験は大きく生まれ変わったんです。
現実的に公認会計士の試験を受ける場合は、オール独学で合格をしようとする受験者が少ない状況であり、これ以外の国家資格試験に比べると、市販の学習テキストもそんなに、ございません。
事実過去に法律知識が一切無いのに、ごく短期の学習時間で見事公認会計士試験に合格した人もおります。彼らのほとんどに共通して見られるポイントは、自身に丁度良い「現実に即した勉強法」に出会うことができたことです。
現実的に法科大学院を卒業した経験者でも、不合格結果がもたらされることもあるくらいなので、適正な能率の上がる勉強法をよく考えて真剣に取り組まないと、公認会計士試験に合格をするのは難関といえるでしょう。

日本でも上位に入っている位の難易度を誇っている公認会計士試験に関しましては、全部で11分野の法律の中より色々な問題が出題されるものなので、合格するまでには、長きにわたる勉強継続が要必須です。
当HPにつきましては、現役で活躍している公認会計士が、公認会計士試験の効率の良い勉強法の指導はじめ、また様々な公認会計士資格専門の通信講座の一般受けの様子、個人の口コミなどの調査をして、掲載しているインターネットサイトでございます。
何から何まで盛り込んであるテキストブックにすら掲載が行われていない目にすることの無い、学識が求められる問題においては、スグに断念すると良いかと思います。完璧を狙わず割り切るようにすることも、難易度高の公認会計士試験に合格するには、肝心なことなんです。
公認会計士の合格を実現するためには、効率的なスタイルでの勉強法が、とっても肝要です。このサイト上では、公認会計士試験当日の日程やまたお勧めの教科書のセレクト方法など、受験生にとりまして役に立つ情報各種をまとめてみました。
元来科目合格制が設けられているため、公認会計士試験は、社会人受験生も受験をしやすいのですが、とはいえ受験に費やす時間が長期化することが一般的です。ですので、是非とも先達たちの行ってきた勉強法をお手本にするとよいでしょう。

実際に公認会計士に関しましては、一から独学で臨んだとしても合格を可能とすることができる資格であります。中でも只今、社会人の方が頑張って志す国家資格としては期待ができますけれども、背中合わせで難易度も高いレベルであります。
実際毎年、2万〜3万人前後が受験を行い、ほんの600人〜多くて900人に限ってしか、合格を獲得できません。この現況に着目しましても、公認会計士試験の難易度がとても高いといったことが想像することが出来るでしょう。
公認会計士試験につきましては、実際上は記述式の筆記試験だけしか存在していないというように、思っていて構わないといえます。なぜかというと、口述試験に関しては、余程の事が起きない限り不合格になることのない難易度の低い試験のためでございます。
通学での講座と自宅にいながらの通信講座をセットにして受講できるカリキュラムを設けている、「資格の大原」のスクールにおいては、優れた学習材と、加えて優秀な講師たちによって、毎回公認会計士合格者の半分以上の合格者を出すといった名誉ある実績を誇っています。
国家資格試験の公認会計士試験の合格率の数字は、大体10%ほどと、難関試験とされている割には、国家資格内でも高い合格率を出しています。けれど、一回目の試験で合格を勝ち取るのは、極めて困難で望みが薄いと言われている様子です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|並大抵ではない... | トップ | 公認会計士|テレビCMなどで... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL