経験13年の中堅会計士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験の会計士が教える受験に関する情報から独立開業、そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

公認会計士|日本でも最上の難易度を誇っている公認会計士試験に関しましては…。

2017-06-20 08:50:03 | 日記

どのような事柄に対しても「法律を基本にして思考が出来る人物」なのかどうかを確認されているみたいな、大変難易度の上がった試験に変化してきているのが、つい最近の公認会計士試験の事実というように思います。
要領の悪い勉強法を実行して、茨の道に入ってしまうということほど、意味の無いことはありません。何が何でも、1番GOODなやり方で短期間合格を勝ち取り、公認会計士になろう。
実際先に会計事務所や公認会計士事務所に入り、経験値を重ねていきながら、コツコツ勉強していくという考えを持つ受験生は、通信講座の選択が1番ベストだろうと思います。
非常に難易度が高いとされる試験に関係無しに、それぞれの科目ごとに数年かけて受験するということが可能とされているため、そのために公認会計士試験については、いつも5万名以上が受験に取り組む、人気の試験なのでございます。
高い網羅性を誇っているテキストでさえも記されていない、学識が求められる問題においては、スッパリ降参するようにしましょう。割り切りを持つのも、難易度の厳しい公認会計士試験に対しては、欠かせないことなのです。

実を言えば、公認会計士の資格をとる際は、全て独学で合格を目指そうとする受験生があまりいないということもあり、他にある法律系試験と照らし合わせると、市販のテキストの種類もいうほど、売り出されておりません。
はじめから独学だけで勉強を行うという、心の強さはありませんが、自分のリズムで学べればというような受験者に対しては、どちらかと言いますと公認会計士の通信講座の方が、最適な進め方での勉強法でしょう。
法律系の国家資格でありまして、高い専門性を持つ業務を担う、公認会計士及び公認会計士でありますけど、難易度については公認会計士の方がより難しめで、その上お仕事内容についても、いくらか異なる箇所がございます。
各年、2〜3万名ぐらいの受験者が挑戦し、そのうちの600人から900人強しか、合格できないのです。この現況に注目しても、公認会計士試験の難易度の様子がみてとれます。
日本でも最上の難易度を誇っている公認会計士試験に関しましては、11ジャンルの法律より多種多様な問題が出てきますため、合格するまでには、1年近くの十分な試験勉強が要必須です。

現実的に公認会計士試験を独学にて行うのは、かなりレベルが高いものがありますけれども、チャレンジしたいと考えている方は、まず先に簿記論など会計科目を会得することから挑むと良いのではないかと思われます。
イチから全て独学の取り組みは褒められるけど、勉強時間の管理や勉強法等に、気になる点が存在する等々の際は、公認会計士試験に対応する通信講座で学ぶというのも、一つのスタイルといえるでしょう。
実際に国家試験の公認会計士試験の合格率の値は、10%〜12%と、高難易度とされております割には、高めの合格率が出ております。だとしても、一度目で合格を実現するのは、ほぼ0%で受かる可能性が低いということがわかっています。
現実「通信教育のユーキャン」の公認会計士資格取得講座は、毎年ざっと2万人ぐらいに活用されておりまして、一切法律の知識が無いという方であったとしても、確実に資格を取得することが出来る効率的な勉強方法を一からマスターすることが可能である、頼りになる通信講座です。
他の会社と比べて負担額が少なく、出題される範囲をピックアップし、総学習量を少なめに設けた独自の教程、クオリティの高い教材各種などが話題の高い合格率を誇っているフォーサイト。最近公認会計士資格の通信講座と言えばこれ以外に無い、とされているくらい、評判であります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公認会計士|現実的に毎年…。 | トップ | 公認会計士|オール独学で公... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL