税理士歴13年の中堅行政書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

税理士歴13年の中堅行政書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

行政書士|全部独学での行政書士受験の勉強法を選択する時に…。

2017-06-14 05:10:00 | 日記

税制の消費税法は、行政書士試験の主な科目の中におきましては、言うほど難しい難易度ではなく、簿記に関する基本知識を押さえておくことにより、割りにイージーに、合格ラインに達することができる可能性が高いです。
実際現在の行政書士においては、相当難易度の高い問題が出され、どこの通信教育を選択するかで、合格できるかOR不合格になるかが決まってしまいます。だけど、数多くの会社があって、何処を選んだら間違いないか、なかなか決められない人も多いでしょう。
基本的に行政書士試験の特徴的な事柄は、達成度を評価する実力を問われる試験でありまして、合格判定の合計人数を先立って設けていないため、結果として試験の問題の難易度の基準が、直接合格率に現れます。
合格率の数字が7%ほどと、行政書士試験はメチャクチャ難易度レベルの高い国家試験です。とは言っても、過剰に恐れなくてもよいのです。一生懸命頑張れば、皆さん確実に合格への道は開けますよ!
現実「通信教育のユーキャン」の行政書士の通信講座は、毎年ざっと2万人ぐらいより受講の申込が集まり、丸っきり法律知識を持っていないといった受験者であれども、一歩一歩資格が取得することができるコツや学習法を学び取ることができる、高精度な独自カリキュラムの通信講座なのです。

つまり専門スクールに行かないでも独学でやろうと、確実に、行政書士の内容について会得できるのならば、資格を手に入れることはできるのです。でも、そうするためには結構、長時間を勉強にあてることが絶対に必要となります。
最初から独学のみで学習をするなんて、十分な自信は持っておりませんが、もしも自身の進行加減で取り組みたいとした方であれば、やっぱり行政書士向けの通信講座の方が、条件に適うスタイルの勉強法と思われます。
科目合格制をとっている、行政書士試験の資格取得は、同時期に一斉に、全5科目を受験する規則はなく、時期をずらして1教科ごと受験してもOK。1度合格点をクリアした科目は、この後も行政書士となるまで合格として認められます。
仕事を継続しながら並行して空いた時間に勉強をやり続け、結局3回試験を受けて行政書士合格を果たした、自分自身の実際の体験を顧みても、ここ数年来における難易度は、物凄く高くなっていてさらに難関になってきているように感じています。
空いた時間を有効的に活用し、学習に取り組めますため、仕事をしながらまた家事などと折り合いをつけて行政書士の難関資格を勝ち取ろうと考えておられる人たちには、自宅で勉強できる通信講座は、まことに便利でしょう。

高度な専門性を持った法令の中身で、難易度がめちゃくちゃ高くなっていますが、元来行政書士試験におきましては、便利な一部科目合格制があるため、それぞれの科目ごとに5年間かけて合格するスタイルでも、OKな試験でございます。
現実的に合格率の数値は、行政書士の受験の難易度レベルを把握する確たる指標の1つですが、今日、この%の数字が顕著にダウンしており、受験生の関心が高まっております。
全部独学での行政書士受験の勉強法を選択する時に、1番問題としてあがるのは、勉強を行っている中で分からない点などが生じた折に、問うことが出来ない点です。
可能でしたら危険回避、堅実に、確実なものにするためにという狙いで、行政書士試験に立ち向かう場合、予備校に行って勉強した方がベターですけれども、オール独学をセレクトする考え方も問題ないかと思われます。
効率の悪い勉強法を取り入れて、茨の道に入ってしまうということほど、意味の無いことはありません。絶対にベストな手立てで短い期間で合格を獲得して、行政書士となって社会に貢献しましょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|合格率僅か2〜3... | トップ | 行政書士|当ウェブサイトは…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL