税理士歴13年の中堅行政書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

税理士歴13年の中堅行政書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

行政書士|原則的に独学で勉強して…。

2017-07-15 16:50:04 | 日記

必須教科の5科目に合格することが出来るまで、数年かかる行政書士資格の受験では、ずっと勉強していられる状況が、合格への大事な要素となり、通信教育(通信講座)については、まさにそういうことが関与してきます。
勤務しながら、行政書士になることを目標としている人も数多くおられるのではないかと思いますんで、本人の取り掛かれることを毎日毎日コツコツと積み上げ取り組み続けるというのが、行政書士試験合格の確率アップにつながるのかもしれませんね。
通信教育(通信講座)だと、行政書士試験に焦点をあてた打つ手を充分にまとめた、試験専用の教材(テキスト・DVDなど)があるため、全て独学でしていくよりも勉強の手順が会得しやすく、勉強を効率的に進めやすいと断言します。
実際行政書士試験に関しては、年齢や性別、これまでの学歴などの受験資格は設けていないので、どんなに若くても年を経ていても試験を受けることができるようになっています。万一法律につきましての学識をほとんど有していないといった方であれど、適切な受験対策で臨めば、合格できるはず!
難易度が超高い資格の試験であっても、各科目毎その時その時に受験可能であるんで、そのせいもあり行政書士試験に関しましては、各年5万を超える人が受験を行う、国家試験です。

原則的に独学で勉強して、資格試験に合格をするのは、できないことではありません。ですけど、現況行政書士については全10名受けて、合格できた人が1人もいないというハードルの高い試験といわれています。いざ突破するには、早い段階に適切な学習テクニックを身につけなければならないでしょう。
総じて、行政書士試験にたった一人で独学で合格を実現するのは、容易なことではないという事実をあらかじめ確認しておくように。そのことについては今までの合格率の数値が10%いかない事実があることからも、明らかに認識することができるでしょう。
実際行政書士試験の大きな特性の1つとして規準に沿って評価を実行する試験方法でありまして、合格できる上限人数をはじめから確定していため、要するに試験全体の難易度のレベルが、明らかに合格率になって表れます。
ずっと独学スタイルで学習を行うといった、大きな自信は持ち合わせていませんが、自分のテンポで学べればというような受験者に対しては、行政書士対象の通信講座をチョイスした方が、条件に合った勉強法といえます。
科目ごとの合格率のパーセンテージは、ザッと10%ぐらいというように、いずれの科目ともに難易度が高めの行政書士試験は、科目合格制度が採用されているので、お仕事しながら合格を目指せる、資格といえるでしょう。

通学式の講座と通信式での通信講座を掛け合わせて利用できる、受験生の間でも評価が高い「資格の大原」は、満足のいくテキストブックと、経験豊かな教師陣にて、常に行政書士合格を獲得した人の半分の成果を上げる輝かしい実績を誇ります。
基本的に行政書士試験につきましては、年齢・性別などの受験資格は指定されておらずに、過去の学歴云々は条件が定められていません。その為、それまで、もしも法律の事柄を勉強を一度もやったことが無いようでも、立派な大学卒業の学歴を持っていないようでも、行政書士の資格取得はできます。
世間一般的に行政書士試験は、合格率の割合が6%前後という風に言われていて、事務系の公的資格としましては、難易度高の資格と考えられます。ただし、全体的に問題の約6割正解すると、合格することが出来ます。
昔より、法律知識ゼロの次元から取り掛かって、行政書士試験合格に最低限必要とされる勉強の総時間は、おおよそ「3000時間くらい」といった統計がございます。調査してみても、初回で合格を叶えた受験者の勉強時間数は、平均して3000時間強のようです。
開講実績30年以上を誇るユーキャンの行政書士向けの講座は、毎年大体2万人以上から利用登録されていて、そんなに知識が無いような素人だとしても、コツコツ粘り強く国家資格を得るための学習方法・テクニックを学び取ることができる、信頼の置ける通信講座なのでございます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|市民に身近な『ま... | トップ | 行政書士|最初からずっと独... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL