税理士歴13年の中堅行政書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

税理士歴13年の中堅行政書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

行政書士|一般的に行政書士試験を自分の力で独学にて臨むといったことは…。

2017-07-12 02:40:00 | 日記

現実的に高い難易度を誇る試験なわけですけれど、それぞれ1回1回別に受験可能であるんで、そのため行政書士試験は、毎回5万を超える人が受ける、難関試験でございます。
行政書士試験の試験に於いては、各科目2時間しか受験の時間がないです。受験者はその中で、ミス無く合格点を確実にとらねばならないので、無論素早さは求められます。
最近は、直接予備校に行って受講しているといった受験者たちと、そんなに変わらないような勉強を実施するということができます。そういうことを実現可能にするのが、現在行政書士を対象にしている通信講座の王道の教材とされておりますDVD講座です。
税制の消費税法は、行政書士試験のメイン科目の中においては、言うほど難易度は高度ではないもので、簿記の基礎知識を掴んでおくことによって、比較して厳しいこともなく、合格レベルに到達するといったことが可能となります。
少し前までは合格率10%超えが定番になっておりました行政書士試験だったけども、今現在、1割に届かない数値となって定着しています。合格率が一桁台である場合、高難易度のランキング上位の国家資格として、捉えられるでしょう。

丸々独学でこなしてはいても、試験日までの学習スケジュールの組み方ですとか勉強法等に、ちょっぴり不安を感じてしまうというような際であれば、行政書士試験に狙いを定めた通信講座(通信教育)を受講するのも、1つの進め方ではないでしょうか。
例年、2、3万人辺りの受験者が挑戦し、600〜900人に限ってしか、合格に至れません。この現況をとり上げましても、行政書士試験の難易度がとても高いといったことがみてとれます。
通常多くの人たちは、知名度の高い会社だから確実なハズ等の、1つも根拠が無いいい加減なきっかけで、通信教育を選びがちです。しかし、それじゃあ絶対に行政書士に、合格するはずはないです。
もし日商簿記検定試験1〜2級を完全独学で、合格を勝ち取った受験者なら、行政書士試験の中の簿記論や財務諸表論の2種の科目だけは、ある程度慣れているから独学で合格を狙おうとすることも、ありえない事柄ではないといえるかもしれません。
一般的に行政書士試験を自分の力で独学にて臨むといったことは、本当に難しいことではありますけれど、トライしてみたいと考えておられる人は、差し当たり会計に関わる科目の勉強から取り組むようにするといいでしょう。

実はDVD及び、テキストを用いての自宅学習の進行方法に、ちょっと不安感があるのですが、過去に通信講座オンリーで、行政書士資格をゲットしたという人達も数多く存在しておりますし、完全に独学するよりは、まだマシというように感じています。
ちょっと前までは行政書士試験に関しましては、他と比較して入手しやすい資格なんていった様に述べられてきましたけど、今日び物凄くハイレベルになっており、全力で取り組まないとなかなか合格を獲得することが容易でない資格になります。
通常行政書士試験を独学にてパスしようとするのは、難関ではありますが、学習方法に変化を持たせるとか、必須情報を漏れなく集めるようにすることで、短い時間&少しの勉強量で合格を勝ち取ることも、出来てしまうのです。
科目合格制となっております、行政書士試験の資格取得は、同じタイミングに1度に、5分野の科目を受験することはしなくてよくって、1つの科目ごとに受けても良しとされています。1度合格できた科目は、行政書士資格を得るまで有効とされ失効にはなりません。
今の時代は行政書士試験に打ち勝つための、HPや、長年の経験を持つプロフェッショナルの行政書士が、受験生たちに向け随時メルマガ等を発信していて、情報を集める力+日々のモチベーションを向上・持続するためにも使用することができます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|最初から独学のみ... | トップ | 行政書士|受講料が30万円以... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL