税理士歴13年の中堅行政書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

税理士歴13年の中堅行政書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

行政書士|従来より毎年…。

2017-08-05 18:40:01 | 日記

一頃においては合格率の数値が10%あたりをキープしていた行政書士試験も、今となっては、マイナスになり一桁台の数字におさまっています。合格率一桁台であると、難易度レベルが超高い国家資格の1業種として、認められます。
イチから全て独学でやっているけど、勉強にあてる時間の管理や学習の進め方に関してなどに、少々心配になるというような際であれば、行政書士試験用の通信講座(通信教育)を受講するのも、1案かと思います。
通信教育の場合、行政書士試験に向けて専門の対策を必要な分まとめ上げた、受験向けの教材がつくられていますので、完全独学よりも学習のスタイルが会得しやすく、より学びやすいのではないでしょうか。
世間一般的に行政書士の代わりに法的業務を行う地域に寄り添った法律家として、社会貢献が期待されております行政書士においては、威信を伴うといわれている資格であります。したがって、それに反映して試験の難易度のレベルに関しても超厳しいものであります。
近い将来資格をとるため試験勉強を始める受験生にあたっては、「行政書士試験に対しては、いかほどの学習時間をかけたら合格が実現出来るんだろうか?」ということが、興味を持つ点だと考えます。

常日頃から「法律を軸に考える力が備わっている人」かそうでないのかを確認されているみたいな、著しく難易度が高度な試験となっておりますのが、ここ最近の行政書士試験の現実の姿と感じております。
簡単に述べますと合格するには「足切り点」とした受験制度が、行政書士試験の上ではあるのです。簡単に言うならば、「定める点数に達していないという場合は、不合格扱いになる」という基準の点数があらかじめあるのです。
現実法律専門研究の法科大学院を卒業されたという実力の持ち主でも、不合格判定になることが起こりえるため、キッチリした最善の勉強法を熟考し立ち向かわなければ、行政書士試験にて合格を果たすというのは難しいでしょう。
通常行政書士試験を受けようとする際には、厳密な受験条件などなく、学歴の有無は全然関係ございません。その為、それまで、法律に関しましての勉強を行ったことがない場合でも、優秀な学校を卒業しておらずとも、行政書士の資格をとることは可能でございます。
行政書士の資格を取得して、先々「自力で挑戦したい」とのような積極果敢な願いを持つ人であるなら、どれだけ行政書士の難易度の状況が超高いものでも、その荒波も間違いなく超えられるでしょう。

試験に合格することが出来ない時の、合計勉強時間のリスク度合いを思うと、行政書士受験対策として専門学校が提供している通信講座、その他には通学して授業を受ける通学講座を利用するのが、事無きを得るものといえます。
従来より毎年、約2・3万人の受験者が挑戦し、600〜900人だけしか、合格を実現することができません。この点に注視しましても、行政書士試験突破の難易度が厳しいことが認識できます。
すでに日商簿記2級や1級の資格を完全独学で、合格することが出来た方であるなら、行政書士試験にて簿記論とか財務諸表論の2つの教科に限りましては、ある程度慣れているから独学で合格を目指すといったことも、なしえないことではないのではないでしょうか。
なるたけリスクを避ける、安心できるように、用心の上にも用心しようという意味で、行政書士試験にチャレンジする際に、プロの講師陣から直接指導を受けられる専門学校に行く方が良いといえますけれど、しかしながら独学を1つの道に選んでも良いといえるでしょう。
今多くの方々が、行政書士の合格ゲットまでの道のり体験日記を、様々にリサーチして読まれている目的は、十中八九、どういうような勉強法があなた自身にベストなのか、悩んでいるからではないでしょうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|難易度の高い「理... | トップ | 行政書士|毎回合格率がたっ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL