税理士歴13年の中堅行政書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

税理士歴13年の中堅行政書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

行政書士|かいつまんで言えば「足切り点」(第一段階選抜)としたような特筆するべき制度が…。

2017-08-05 12:10:03 | 日記

現今の行政書士試験については、事実上記述式の問題だけしか存在していないというように、思っても問題ないでしょう。その理由は、もう一つの口述試験は、余程の事が起きない限り不合格にならない容易な試験だからでございます。
DVD教材や、テキストを用いての勉強アプローチに、多少不安を抱いていますが、実際通信講座を活用して、行政書士国家資格を獲得した方もいっぱいおりますし、完全に独学するよりは、いくらかマシなはずと思っているのです。
資格をとって、今後「実力で前進したい」とした強固な意志がございます人であるなら、どんだけ行政書士の難易度の加減がめちゃくちゃ高めでも、その大壁さえも確実に乗り越えることができると思います。
かいつまんで言えば「足切り点」(第一段階選抜)としたような特筆するべき制度が、行政書士試験においてはあります。分かりやすくいうと、「規準点を満たしていないケースですと、落ちますよ」といった点数というものが設定されております。
実際に科目合格制度をとっております、行政書士試験におきましては、同時期に一斉に、5ジャンルの科目を受験することはしなくてよくって、1教科ずつチャレンジしても良いということになっています。合格を果たした科目につきましては、行政書士資格を得るまで有効なのです。

これから資格スクールで行政書士向けのレッスンを受講したいんだけど、近くの地域には専門学校ゼロ、仕事が忙しくて残業続き&休みがない、学校に通う時間を割くことが難しいという受験生たちのために、それぞれのスクールでは、お家で学習出来る通信講座(通信教育)を提供しています。
例年、行政書士試験の合格率の割合は、たった2〜3%です。必要なトータル勉強時間との互いの釣り合いを考慮しますと、行政書士資格試験がどれ位高難易度の試験であるのかイメージすることができるのではないでしょうか。
厳しい関門といわれる税法教科の「理論暗記」を主に、行政書士試験に向けての質の高い勉強法かつまた効果が期待出来る頭脳のトレーニング、速聴や速読といったことなどについても余すことなく突きつめています!他暗記法の秘訣でありますとか、勉強する際に、使えるあらゆる事柄を皆様に提供していきます。
難易度の高い資格試験と知られております行政書士試験に関しては、ちょっとやそっとの努力なんかでは合格できるわけがありません。その上たった一人で独学にて合格を狙うのは、かなりの努力が必要でしょう。そういった中ちょっとであっても貢献できるインターネットサイトに思っていただけたら大変嬉しく思います。
メリットが多くあげられる、行政書士の予備校通学での質の高い勉強法ですけど、その分数十万円以上の結構な金額が必須ですから、誰でも受けることが出来るものじゃありません。

現実的に合格を勝ち取った人の合格率が僅か7%と聞きますと、行政書士の国家資格試験はとても難易度が高くって狭き門のように思ってしまいますが、設定された目安の6割以上の問題をしっかりクリアすれば、合格を勝ち得ることは間違いないといえます。
数年前までは合格率の数字が10%強を保っていた行政書士試験でございましたけれども、ここ数年は、10パーセント以下となっております。合格率が一桁ならば、難易度が厳しい国家資格として、考えてもいいでしょう。
学習にあてることができる時間が連日存分にとれるといった人なら、普通の勉強法を行えば、行政書士試験で合格を目論むことも可能ですが、会社とか家庭とかスケジュールに追われているような方には、適切な対策とは言い切れません。
前々から、全くの法律知識ゼロから取り掛かり、行政書士試験合格に欠かせない勉強の総時間は、一般的に「3000時間超」と言われます。現実確かに、一発合格者達の試験勉強にかける時間は、3000時間ちょっとという数字が挙げられています。
要領の悪い勉強法を実行して、ゴールが遠くなってしまうことほど、もったいないことはないでしょう。是が非でも能率的な勉強法により短期間合格を獲得して、念願の行政書士の仕事に就こう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|通信教育である場... | トップ | 行政書士|難易度の高い「理... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL