税理士歴13年の中堅行政書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

税理士歴13年の中堅行政書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

行政書士|なるたけリスクを避ける…。

2017-06-16 09:00:04 | 日記

昼間サラリーマンとして勤務しながら、行政書士になることを志している人も沢山存在しているはずだと思いますので、いかに自分の取り組めることを日課としてちょびっとずつやっていくということが、行政書士試験合格への最短となるのかもしれないですよ。
現実的に行政書士試験の独学での合格は、壁が厚いですけれども、勉強スタイルを変えてみたり、把握しておくと良い情報を積極的に収集することで、短期で合格しようとすることも、実現不可能なことではないのです。
なるたけリスクを避ける、確実に、大事をとり慎重にという狙いで、行政書士試験の場合、行政書士向けの専門学校に通学する方がベターですけれども、オール独学を選択することも問題ないかと思われます。
日本の国家資格のうちでも非常に難関と言われている難易度を誇っている行政書士試験に関しましては、合計11分野の法律のうちより複数の問題が出ますので、合格をゲットするためには、1年近くの勉強継続が必ずいります。
当然ながら一から独学で、合格を目指すのは、実現可能です。しかし、毎年行政書士の試験は10人トライしても、合格できた人が1人もいないという超難易度の高い試験とされています。合格を勝ち取るには、適格な学習スタイルを自分のものにしなければいけません。

実際行政書士試験に関しては、大卒でなければいけないなど学歴等の条件は取り決められておりませんので、どなたでも幅広い層の方々が試験を受けることができるようになっています。もし法律関係の知識が全然ない方であろうと、ちゃんと受験に対しての方策を立てることで、合格することも不可能ではないですよ。
今日び、通学して講座を受けているという人たちと、大きくは変わらないような勉強が可能になっております。この点を可能にするツールが、今はもう行政書士資格取得の通信講座の欠かせない教材である講義が収録されたDVDです。
行政書士の簿記論に関しては、理解しないといけないことは膨大なのですが、総じて計算する問題で出題が行われますから、行政書士の資格を得ようとするためには、割かし一から独学でやっても、勉強がとりかかりやすい教科内容といえます。
現実的に行政書士試験につきましては、決して簡単なものではないです。合格者の合格率は、ざっと10%くらいです。だけど、一回に限った試験で挑むのではなく、何年かにわたって合格を志すのなら、そんなに大変なことではないでしょう。
結論から述べると、現実的に独学しようとも、キチンと、行政書士全般に関しまして自分のものにできるんであったら、合格ゲットも実現可能です。さりとて、それには相当、長時間を勉強にあてることが要必須であります。

輪にかけて難しいという風によく言われる行政書士試験の難易度状況は、大変キツイ様子で、合格者の合格率も2パーセント〜3パーセントと、法律関係の国家資格の中におきましても、有数の最難関試験といえるでしょう。
一流講師に直々に指導を受けることが出来る学校へ通うメリット部分に関しては、良いと思うのですが、常に攻めの気持ちさえ持ち続けられれば、行政書士資格取得の通信教育での学習にて、充分に力をつけていくことが出来るでしょう。
主流の予備校や資格学校では、行政書士資格向けの通信教育のコースがあります。その内には、iPod・USBメモリなどの携帯機器などを利用して、今の時代に合わせた通信教育が受けられる、資格取得学校等もございます。
法律系の大学を卒業していなくとも、またド素人であったとしましても行政書士にはなれるわけですが、とは言ってもやっぱり全部独学というケースは、物凄い勉強量をこなすといったことも確実に要求されます。小生も一から独学にて合格を得たので、そのことを思い知らされています。
最近行政書士の通信講座にて、とりわけ推奨したいのは、国家資格の取得を心強くサポートしてくれるLEC です。講座で使用する教科書に関しましては、行政書士になろうと頑張っている受験生の中で、非常に使い勝手の良い教材として一定の評価がございます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|金融取引等のこと... | トップ | 行政書士|例年…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL