税理士歴13年の中堅行政書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

税理士歴13年の中堅行政書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

行政書士|ちょっと前までは合格率の数値が10%あたりが定番になっておりました行政書士試験だったけども…。

2017-07-16 01:20:01 | 日記

実際合格率が約7%と言われますと、行政書士の資格試験については非常に難易度が高そうにみえるものですけど、特定の基準に基づいた全体のうちの60%以上の問題に正解することができましたら、受験に合格することは疑いないのです。
行政書士試験に関しては、相当難しいレベルの国家試験の1つですから、専門知識を基礎から学べる専門の学校に入学した方が、間違いないといえます。さりとて、オール独学であれど各々の人によっては、非常に効果が期待できるというような実例もよくあります。
社会人をしながら、行政書士資格ゲットを狙っている人も中にはおられるとお見受けしますので、あなたの勉強を限りある時間の中で日ごと着実にやっていくということが、行政書士試験合格への最も近い道となるのかもしれないです。
大多数の専門スクールについては、行政書士資格向けの通信教育が開講されています。そういった中には、iPodなどの携帯型デジタルプレーヤーなどを用いて、流行の先端を行くNEWスタイルでの通信教育を提供している、資格専門学校というのもあります。
実際に講座を学ぶことができる専門学校も学習方法ともども大変多種多様であります。それによって、複数の行政書士を対象にしている講座内で、お仕事をされている方でしても学習できる、通信講座を設けている専門のスクールを比べてみました。

科目合格制が採用されている、行政書士試験においては、同じ時に一度で、5教科を受験するといった必要など無くって、各科目毎に長期間にわたって試験を受けてもいいのです。合格を果たした科目につきましては、この先行政書士になるまで合格として継続されます。
今日び行政書士試験の対応策用の、インターネット上のサイトページであるとか、現役の先輩行政書士が、受験者達用にメールマガジン等の配信を実施しており、情報力やまた勉強への意欲を保つためにも役立つものではないかと思います。
行政書士試験を受験するときは、実際は筆記試験しかこなさなくてよいと、判断して問題ないです。なぜならば、口述形式の試験は、90パーセント以上の割合でまず落ちることは無いような難しくない試験とされているためです。
現実会計事務所やもしくは行政書士事務所に入社し、実戦での経験を積み重ねつつ、コツコツ学ぼうとした方は、通信講座を選択する方がマッチしているかと思います。
ベテラン講師達の講座をその場で受講できる通学面の利点は、大いに魅力を感じますが、ずっと積極的な姿勢さえ持ち続けられれば、行政書士専用の通信教育で学ぶことで、望んでいる成果をあげることが可能でしょう。

必須分野の5科目に合格するまで、数年を必要とする行政書士資格取得の試験では、学習を継続することが出来る環境であるか否かが、大きなキーポイントであり、現実通信教育での講座は、殊更それが言えるのではないでしょうか。
難易度が超高い国家資格の試験に関係なく、各科目毎都度受験可能なことなどから、そのせいもあり行政書士試験に関しましては、現在毎年約5万人の受験生が受験に挑戦する、資格試験です。
ちょっと前までは合格率の数値が10%あたりが定番になっておりました行政書士試験だったけども、なんと今や、ダウンし一桁のパーセンテージでおさまりつづけています。合格率が一桁でありますと、高い難易度のランキング上位の国家資格として、広く認識されます。
結局のところ、勉強スタイルは各人により違い独学でやろうと、万全に、行政書士の仕事について習得できるんであれば、資格を手に入れることはできるのです。しかしながら、それを現実にするには大変、長い期間に渡ることが不可欠であります。
基本通信教育では、行政書士試験に向けて専門の対策を必要な分まとめ上げた、独自のテキスト教材が取り揃っているため、完全独学よりも学習のスタイルが把握しやすく、勉強が順調に進むのではないかと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|最初からずっと独... | トップ | 行政書士|非常に難関とされ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL