税理士歴13年の中堅行政書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

税理士歴13年の中堅行政書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

行政書士|当サイトにおいては…。

2017-06-10 19:20:01 | 日記

実際かかる費用が30万以上、それともまた総額50万円以上である、行政書士の資格の通信講座も珍しいことではございません。この場合講座を受講する期間も、1年以上継続の長期にわたっての受講コースで組まれているといったことが、多々見られます。
当然ながら一から独学で、試験に合格することは、無理ではありません。けれど、行政書士の資格試験は10人挑戦しても、合格できた人が1人もいないという高難易度の国家試験。そこを勝ち抜くには、良い勉強法を確立する必要があります。
行政書士を対象とする通信講座で、第一にお勧めの資格取得ツールは、国家資格の取得を心強くサポートしてくれるLEC です。使う教科書に関しましては、行政書士を目指している受験生間で、特に良い教本としてとても好評であります。
行政書士試験を受けるにあたっては、受験制限もなく、学歴については限定されておりません。これまで、法律に関する詳しい勉強を1回もしたことがないような方でも、有名な学校を卒業した学歴を持っていなくても、行政書士資格は取得可能であります。
もちろん行政書士試験を独学でやるのは、本当にハードルが高いのですが、そんなハンデがあってもやりたいと思っている受験者は、差し当たり会計に属する科目をマスターすることから挑むようにするのがおススメ。

簡潔に言うと行政書士試験とは、行政書士として活動するのに絶対に必要な学問の理解と、そのことを活かす技量が備わっているかどうであるのかを、ジャッジすることをメインに、行われている難関とされる国家試験でございます。
どんな問題にも「法律をモノサシに客観的な視点で物事を見ることが出来る人間」であるかそうではないのかということを判断するような、めちゃくちゃ難易度が厳しい試験にチェンジしてきたのが、現在の行政書士試験の現況と感じております。
従前に日商簿記2級や1級レベルを誰にも頼らす独学で、合格することが出来た方であるなら、行政書士試験においての簿記論や財務諸表論の2種の科目に対しては、ともに独学で合格を目指すといったことも、厳しいことではないと思われます。
当サイトにおいては、行政書士資格取得を目指す通信教育を、間違いなくセレクトすることができるように、中立的な立場で決定できる色々な判断材料をお届けいたします。それ以後は、自分自身でコレと言うものを選んでくださいね。
昔は合格率の数字が10%強が一般的だった行政書士試験でありましたが、最近は、1割以下の率にて停滞しております。当然合格率が一桁といえば、高い難易度とされる国家資格の代表として、考えられます。

実際に科目合格制度をとっております、行政書士試験の国家資格取得は、一回に、5種類の科目を受ける必要など無くって、時期を分けて一つの科目ごとに受けても良いということになっております。先に合格をゲットした科目は、行政書士資格を得るまで合格として認められます。
網羅的な教本の中にすらとりあげられていない、知識が必要になる問題に関しましては、直ちに諦める事をおすすめします。要するに気持ちを切り替えることも、難易度がめちゃくちゃ高い行政書士試験におきましては、必要なアクションなんです。
要領の悪い勉強法で臨んで、ハードな道に行ってしまうのは何の得にもなりません。必ずや効率的な手立てで短い期間で合格を見事果たして、行政書士資格を取得しましょう。
無論、行政書士試験に関しては、生半可な姿勢ではいい結果が出ない、レベルが高い試験だという風に感じています。言ってしまうならば費やせる限りの時間を最大限に利用して試験勉強に努めたという方のみが、最終的に合格する試験であります。
実際に行政書士試験では、各科目120分しか試験時間がございません。つまりその限られている時間内にて、それ相応の合格点を確実にとらねばならないので、やはり正確な解答スピードは大事になってきます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|可能でしたら危険... | トップ | 行政書士|このWEBサイトにつ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL