税理士歴13年の中堅行政書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

税理士歴13年の中堅行政書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

行政書士|連結実務の個別論点に取り組み始めたとしましたら…。

2017-07-16 20:40:01 | 日記

実のところ、全般的に行政書士の資格取得をしようとする折は、一から独学で合格を目指そうとする受験生が少ない状況であり、行政書士以外の法律系国家試験と見比べて、市販の教科書もそんなに、存在しません。
網羅性を誇る専門書にすら掲載されていない、情報が必要とされる問題が出たときは、スッパリ切捨てましょう。割り切りを持つのも、難易度が超高いとされる行政書士試験に挑むには、重要な点なのであります。
わかりやすく言いますと行政書士試験は、行政書士の地位で仕事にするために絶対に必要な基本・高等な知識やそれを応用することができる能力の有無を、判別することを目指し、実行する門戸の狭い国家試験です。
法律系国家資格の中でも、特段難易度が高めである行政書士とされておりますが、合格に辿り着くまでの道のりが障害が多いからこそ、いよいよ資格を取得した以後は売り手市場やお金、かつ社会的地位の高さを得ることが出来ることも可能になります。
ずっと独学スタイルで学ぼうとする、気は全然ないけれど、自分のリズムで取り組みたいと思っている人のケースですと、どちらかといえば行政書士の通信講座を受けた方が、条件に適うスタイルの勉強法と思われます。

前々から、法律知識ゼロの次元から取り掛かり、行政書士試験合格に要する勉強の時間は、「約3000時間」とよく言われています。現実を見ても、1回目で合格する方の勉強への取り組み時間は、3000時間超とされています。
科目ごとの合格率の数値は、約1割位と、どの科目ともに難易度が高いとされる行政書士試験は、科目合格制度が採られているから、仕事しつつ合格を勝ち取ることができる、資格試験といえます。
当サイトにおいては、行政書士用の通信講座(通信教育)を、失敗しないようにセレクトができますように、ニュートラルに品定めできます最新情報を色々載せていきます。そして、それをもとにご自分で決定してください。
実際、専門スクールに通ってベテラン講師陣から直に教わっている方たちと、言うほど差異が無い学習ができるようになっております。そちらの点を具現化するのが、今となっては行政書士通信講座の主流である学習教材となっております映像教材のDVDです。
勉強時間が毎日不足なくキープできる人は、基本の勉強法をやり続けることにより、行政書士試験の合格も実現可能ですけれど、自分で別の仕事をしているなど制約される条件がある方にとっては、良い方法ではないと断定できます。

連結実務の個別論点に取り組み始めたとしましたら、基本関連性がある演習問題に可能なだけ挑み、とにかく問題に手慣れておく万全を期した勉強法を取り込むのも、行政書士試験の簿記論の科目対策には特に有効であります。
近い将来行政書士の資格をとろうと受験勉強をやり始める受験者においては、「行政書士試験では、どれぐらいの勉強時間を保ったら合格が叶うの?」というようなことが、当然気になるところでしょう。
基本的に会計分野の簿記論は、マスターしないとならない事柄は実に多々ですが、100パーセントの確率で計算式の問題にて構成がなされているため、行政書士にとっては、割合独学で臨んでも、勉強がとりかかりやすい専門科目となっています。
昼間働きながら並行して空いた時間に勉強をやり続け、結局3回試験を受けて行政書士試験に合格した、小生の体験過程を思い出しても、ここ数年は以前よりも難易度につきましては、著しく上がっておりより狭き門になっているといえます。
現実的に行政書士試験を独学で合格するのは、めちゃくちゃ難しいですが、勉強の進め方を効率的にするとか、必要な情報を整理することで、短期で合格することを目指すというのも、可能といえます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|税金について定め... | トップ | 行政書士|ベテラン講師達の... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL