税理士歴13年の中堅行政書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

税理士歴13年の中堅行政書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

行政書士|今日…。

2017-06-20 04:30:01 | 日記

法律系国家資格の、極めて専門的な要素を含む務めをする、行政書士かつ行政書士なんですけれど、難易度を比較すると行政書士の方がハードで、なおかつ業務の中身にも、色々と違いが見られます。
日本国内でも非常に難関と言われている難易度といわれている行政書士試験の概要は、全11科目の法律の範囲より広く難しい問題が出るため、合格を獲得しようとするには、長期的なスパンにおいての学習量が必須であります。
実際かかる費用が30万以上、もしくはプラス20万の合計50万円以上の、行政書士の資格の通信講座も珍しくないものです。それに関しては受講契約の期間も、1年程度〜の長い月日の教育コースになっていることが、よくあるものです。
毎年9月から、次の年度の行政書士試験を対象に取り組み始める受験者も、多数存在するのではないでしょうか。1年程度長期にわたる試験勉強では、己に最善な勉強法を見つけ出すことも超重要になります。
大抵、行政書士試験に独学スタイルで合格を得るのは、容易なことではないということを覚えておくといいでしょう。それにつきましては合格率がずっと10%いかない真実があることによっても、明らかに知りえることでございます。

社会人として働きながらも、行政書士になることを夢みているといった方もいると存じますため、あなたの実行できることを日毎ちょっとずつやっていく姿勢が、行政書士試験合格への最短となるのかもしれないですよ。
厳しい関門といわれる「理論の暗記」を中心にして、行政書士試験のお勧めの勉強法かつ効果的な頭脳エクササイズのやり方、速聴・速読技術等についてもオール調査!他にも能率的な暗記法ですとか、勉強をする中で、貢献する&実践的な各種ツールを幅広く載せていきます。
合格率の割合が7%程度と、行政書士試験は他の国家資格と比較して難易度が高度な法律系国家試験です。だけど、過剰に不安感を持たないようにしましょう。本気で勉学に励むことにより、誰でもバッチリ合格を勝ち取ることが出来ます!
仮に日商簿記検定試験1・2級を一から独学で、合格を実現された方であれば、行政書士試験においての簿記論とか財務諸表論の2つの教科に限りましては、ベースを理解しているため独学にて合格を可能にするのも、ハードルが高いわけではないでしょう。
行政書士試験の合格率は、ザッと1.75%というデータが出ています。ここ数年、法曹界に必要な学識・能力を身に付ける専門の大学院『法科大学院』が建てられ、そちらの教育課程を終えれば、新司法試験を受験できる資格と法務博士(専門職)の専門職学位を手にすることができるのです。

行政書士対象の通信講座として、ナンバーワンに効果が期待できるおススメ先は東京リーガルマインド(LEC) でしょう。扱う教本は、多くの行政書士受験者の中で、著しく有用である教科書として高評価が集まっています。
国内の法人税法に関しましては、会社を運営していくには、欠かすことの出来ない基礎知識となっています。けれども、全体のボリューム量が膨大であるため、行政書士試験の受験科目の内で高いハードルなどと言われているのです。
今日、スクールに通学して教えてもらっている人らと、あまり差が開かない試験勉強をすることが可能です。そういったことを出来るようにするのが、まさに行政書士対象の通信講座のメインの教材となっております映像教材のDVDです。
実際に大勢の人たちは、よく知られた会社であるからとか、根も葉もない漠然とした理由をもって、通信教育をセレクトしてしまいます。されど、そんなものじゃ難関国家資格とされる行政書士に、合格するはずはないです。
難易度が超高い国家資格の試験に関係なく、1教科ずつその度ごとに受験可能であるんで、故に行政書士試験は、各年5万人位の方が受験に取り組む、難関の試験となっております。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|行政書士試験の学... | トップ | 行政書士|最難関の「理論暗... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL