税理士歴13年の中堅行政書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

税理士歴13年の中堅行政書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

行政書士|合格率僅か2〜3%の難易度が高度な…。

2017-06-14 03:00:01 | 日記

合格率僅か2〜3%の難易度が高度な、行政書士試験で合格を狙うには、一から独学での試験勉強だけでは、一筋縄ではいかないことが色々あり、専門のスクールに通うか、通信教育を活用して学習するのが普通といえます。
一昔前までは行政書士試験の内容は、結構とりやすい資格だなんて言われていたわけですが、今日においては思い切りハイレベルになっており、全力で取り組まないとなかなか合格への道が簡単ではない資格となっています。
一般的に高い専門性を持つ法律系の内容であるので、難易度がかなり厳しいものですが、とは言っても行政書士試験に関しましては、いわゆる科目合格制度が実施されているので、教科をひとつずつ5年にわたって合格を獲得していくやり方も、問題ない試験とされております。
すべて独学で通しているけど、試験までの日程管理及び試験勉強方法等に、リスクを感じるようなときには、行政書士試験向けの通信講座で勉強するというのも、1つの進め方かと思います。
なるべくリスクヘッジ、安全な道を選ぶ、用心の上にも用心しようという狙いで、行政書士試験に立ち向かう場合、専門スクールに通い学習した方が不安が減りますが、完全独学を選んでも構わないと思います。

現実多くの方は、名の知れた業者だからとか、根拠ゼロのうやむやな理由にて、通信教育を決めてしまいがち。けれど、そんなことでは決して行政書士に、合格などできないでしょう。
法令の消費税法に関しましては、行政書士試験科目内では、過度に難しい難易度ではなく、簿記の知識を土台からキチンと把握していれば、比較してイージーに、合格点を満たすことが可能といえます。
一般的に行政書士試験の主要な特徴的な事柄は、評価基準に基づいた試験とされているもので、合格者数の定員を決めていないから、つまり問題内容の難易度自体が、絶対に合格率に大きく反映されることになります。
元より行政書士試験に挑戦する場合には、中途半端な取り組みであったら合格できない、高難易度の試験であると思い知らされます。言ってしまえば確保できる大事な時間を有効に費やし勉強した受験者が、合格を得られる結果となるのです。
実際に科目合格制度をとっております、行政書士試験のシステムは、1回の試験で、5科目全てを受験することは決められておらず、それぞれの科目ごとで受験してもよい仕組みです。つまり合格を得た教科は、行政書士になれるまで合格として認められます。

例年全受験科目の標準の合格率については、約10〜12%であって、他の難関とされる資格よりも、いくらか合格率が高く捉えやすいですけど、それに関しては各試験科目の合格率の値であり、行政書士試験をひとまとめにした合格率では、決してないのです。
実際合格の結果が得られなかった時の、トータルの勉強時間のリスク加減を考慮すると、行政書士資格の取得試験に関しては専門学校の通信講座、その他には通学して授業を受ける通学講座を選ぶようにする方が、より安心と言えそうです。
一切独学で行政書士試験合格を目指そうとするなら、己で適切な勉強法を生み出さなければいけません。そのような場合に、他の何よりもGOODなテクニックは、試験合格者がとった勉強法を全て真似てしまうことです。
色々利点がある、行政書士の専門学校に通学する上での質の高い勉強法ですけど、通常十万円以上の特定の料金が要されますから、どなたであっても参加できるというわけにはいきません。
当ホームページでは、行政書士を対象とする通信教育を、間違いなく選定することができるように、第三者的な立場で判断可能な多種多様な材料を色々載せていきます。そうしてそれをベースに自分自身で選択しましょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|毎年国家試験にお... | トップ | 行政書士|全部独学での行政... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL