税理士歴13年の中堅行政書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

税理士歴13年の中堅行政書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

行政書士|世間一般的に合格率の数字が僅か7%と聞きますと…。

2017-07-13 18:20:06 | 日記

基本的に行政書士試験につきましては、詳しい受験の制約なんてなくって、これまでの学歴は条件に入っていません。そのため、過去に、法律に関係する専門の勉強を行ったことがない場合でも、立派な大学を卒業していなくっても、行政書士の資格は取得できます。
今多くの方々が、行政書士の受験・合格体験記録などのものを、様々情報を探し回って見ているワケというのは、おそらく、どのような勉強法が己自身により適正であるのか、迷っているからでしょう。
当サイトでは、行政書士向けの通信教育を、的確に正しく選びとれるように、中立的な立場で品定めできます最新情報を定期的に紹介していきます。そして、その後は自分の意志で最適なものを選んで。
受験当日まで学習時間が毎日充分にあるという人でしたら、一般的な勉強法を取り入れることによって、行政書士試験をパスすることも有り得ますが、毎日何やかやと制約される条件がある方にとっては、現実的なアプローチとは言い切れません。
何年か前までは合格率十数%以上が一般的だった行政書士試験でありましたが、現在においては、10パーセント以下でおさまりつづけています。合格率一割以下である場合、高難易度の国家資格の代表として、考えてもいいでしょう。

最近行政書士の通信講座にて、第一に推奨されている学習講座は、合格実績が高いLEC です。取り扱っているテキストブックは、行政書士の受験生の中で、著しく有用である教科書として評判となっています。
世間一般的に合格率の数字が僅か7%と聞きますと、行政書士の資格試験の中身は著しく難易度が厳しそうでございますが、特定の基準に基づいた総じて60%以上の受験問題に正解することができましたら、合格実現は確実であります。
合格率の数字が3%強の茨の道の、行政書士試験に合格しようとするには、オール独学での学習のみでチャレンジするといったことは、厳しいことがいっぱいあり、資格取得予備校に足を運ぶか、通信教育を利用して学ぶのが一般的な対策となっています。
正直DVDでの映像授業ですとか、本を見ての勉強スタイルに、少しだけ心配があるのですが、実際に通信講座(通信教育)を受講して、行政書士の難関資格を取ったという人達も数多く存在しておりますし、よって1人独学で頑張るよりは、まだいい方なんじゃないかなと思います。
実際5種の教科に合格できるまで、長期間にわたってしまう行政書士国家試験では、継続して勉強ができる環境づくりが、肝で、通信教育のコースにつきましては、取り分けそういったことが関係します。

一般的に通信教育では、どちらの学校でも行政書士試験に焦点をあてた打つ手を万全にとった、オリジナルの教材(テキスト・DVDなど)があるため、独学で進めるよりも勉学の流れが把握しやすく、勉強がスムーズにいきやすいと言えるでしょう。
実際行政書士試験を通信教育等に頼らず独学で合格するのは、非常にハードルが高いわけですが、学習の仕方を効率的にするとか、必須情報を漏れなく集めて吸収しておくことで、少ない時間にて合格を叶えるなんてことも、決してありえないことではないです。
通学講座+通信講座の2つのコースを掛け合わせて受講できるようになっている、資格取得専門の有名どころ「資格の大原」については、高品質のテキストブックと、さらに頼れる教師たちで、毎回行政書士合格者の半分以上の合格者を巣立たせる自慢の実績を誇っています。
実践で「法律学的に考えることが可能な人物」であるかないかを確認されているみたいな、大変難易度の上がった試験に進化しているのが、ここ数年の行政書士試験の実相ではないかと思います。
言うまでもなく独学で臨んで、合格を志すのは、できないことではありません。けれど、行政書士の試験は10人トライしても、1人でさえも受からないような難易度マックスの試験であります。難関突破するには、高精度の学習ノウハウを入手することが欠かせません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|試験に合格するこ... | トップ | 行政書士|開講実績30年以上... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL