税理士歴13年の中堅行政書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

税理士歴13年の中堅行政書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

行政書士|今…。

2017-06-13 16:30:02 | 日記

高難度の税法科目の「理論暗記」をメインとし、行政書士試験の勉強法のポイント、さらに頭脳を鍛える方法、速聴と速読といったこと等についても徹底追及!その他にも上手い暗記のコツ、その上知っておくと良い勉強に、有用なモノ・コトを皆様に提供していきます。
当然行政書士試験をはじめから独学で挑むことは、物凄く難関ですが、それでも挑んでみたいと思われているような方は、ひとまず会計分野の科目勉強から開始するといいのでは。
網羅性を誇る教本の中にすら掲載されていない、知識が求められる問題なんかは、潔く諦める選択をしましょう。言ってしまえばドライな結論を選択することも、難易度高の行政書士試験に臨む場合には、重要といえます。
少し前までは合格率10%以上の台が当たり前だった行政書士試験でしたが、今現在、10パーセント以下で滞っています。合格率一桁のケースですと、難易度が高度な法律系国家資格のひとつとして、挙げられます。
現実、行政書士試験を誰にも頼らずに独学合格することは、高難度でありますけれど、学習方法を能率的にするとか、沢山の情報を確実に集めて吸収しておくことで、ごく短期間で合格しようとすることも、可能になります。

社会人として働きながらも、行政書士の資格を得ようとしている方たちも多数おられるとお見受けしますので、あなたのやるべきこと・やれることを毎日ずっと着実に継続していくのが、行政書士試験に合格するための最短ルートなのかもしれません。
従前に日商簿記2級や1級レベルを独学の勉強法で、合格に至った人だとしたら、行政書士試験においての簿記論かつ財務諸表論の2つの科目に限定しては、基礎があるので独学で合格を得るというのも、難易度が高いというわけではないかも。
実際に行政書士試験では、各科目でたった120分しか受験時間が無いのです。受験者はその中で、ミス無く合格点を得なければならないため、当然ながら要領の良さは必須です。
先々資格をとろうと受験学習をスタートする方たちにとっては、「行政書士試験については、どれ程の学習時間をとったならば合格可能なのか?」等が、気になる点だと思います。
司法試験と一緒の勉強法ですと、新たな行政書士試験のみの専業受験生と比較して、勉強のボリュームがものすごいボリュームになる可能性あります。それのみか満足できる結果は得られず、費用対効果が望めません。

今、または未来に、行政書士に独学スタイルで試験を受ける方たちのために製作しました、行政書士のための専門サイトとなっております。ここでは合格を得るためのキーポイントまた、お仕事の中身、プラスそれらの魅力度などを毎日発信しています。
人によっても異なりますが9月はじめから、来期の行政書士試験に照準を合わせて準備をスタートするとした方も、多数いるはずです。丸1年近くにわたるハードな受験勉強におきましては、あなたにピッタリ合う勉強法を編み出す創意工夫も大事であります。
日中会社に通勤しながらその合間に勉強を重ねて、結局3回試験を受けて行政書士試験に合格した、自分の体験過程を思い出しても、このところ2〜3年の間の難易度は、相当上がってきているのではないでしょうか。
極力リスクマネジメント、石橋を叩いて渡る、用心を重ねてといった考えで、行政書士試験に挑戦する折に、専門スクールに通う方がいいでしょうけれども、オール独学を選定したとしても良いといえます。
一般的に通信で講座が学べる専門学校も学習方法ともども大変多種多様であります。それにより、多々の行政書士の講義コースの中から、なかなか勉強時間を確保できない方であっても効率よく学べる、通信講座を開催している専門スクールを色々リサーチしました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|一般的に法人税法... | トップ | 行政書士|毎年国家試験にお... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL