税理士歴13年の中堅行政書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

税理士歴13年の中堅行政書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

行政書士|一般的に国内におきましてもほぼトップクラスといえる難易度を誇っている行政書士試験に関しましては…。

2017-06-18 18:50:01 | 日記

従前は一般的に行政書士試験は、割と合格を得られやすい資格と伝えられておりましたけれど、今日においては大変門戸が狭くなってきており、ちょっとやそっとじゃ合格を得ることができないという資格であります。
実際に講座を学ぶことができる学校もスタイルもともに種々ございます。そんなワケで、沢山の行政書士の通信講座プランの内より、仕事と両立している人であれど自分のペースで学ぶことが可能な、通信講座を行っている教育機関を照らし合わせてみました。
実際送られてきたDVD映像や、テキストを活用しての勉強スタイルに、心なし不安を持っていますけれど、過去に通信講座オンリーで、行政書士資格を取得したという人達も数多く存在しておりますし、独学する選択をとるよりも、安心できるのではないかなと思っています。
会計と税務の個別論点の中身を勉強し出しましたら、基本関連性がある演習問題に可能な範囲でトライし、問題ないようにも慣れておくというような勉強法をプラスするのも、行政書士試験の中での簿記論対策に関しましてはスゴク効果が高くなります。
国家試験制度の改定実施に沿って、これまであった努力よりも運に関係する博打的な不安要素が一切なくなり、実に実力を持っているのかということを大きく問われる登竜門的な試験へと、行政書士試験の中身は新しく生まれ変わりました。

通常行政書士試験を受けようとする際には、年齢・性別などの受験資格は指定されておらずに、どこの学校を卒業したかという学歴は問われません。これまで、法律につきましての学習を全く行ったことがないようでも、知名度のあるような学校卒業の学歴がないケースでも、行政書士の資格は取得できます。
一般的に国内におきましてもほぼトップクラスといえる難易度を誇っている行政書士試験に関しましては、憲法・民法などの11教科の法律から数多くの難題が出されるため、合格を獲得しようとするには、長期的なスパンにおいての勉強が絶対に必要とされます。
実際国家資格の中におきましても、高い難易度とされている行政書士なのですが、合格に辿り着くまでの道のりが難儀であるからこそ、いよいよ資格を取得した以後は高いニーズや収入、かつ社会的地位の高さを手にすることができるということも考えられます。
最初からずっと独学でこなしてはいても、学習の時間管理や学習スタイルに対することなど、懸念する等々の際は、行政書士試験用の通信講座を受けてみるなんていうのも、一つのスタイルといえるでしょう。
行政書士試験の試験に於いては、それぞれの科目で2時間だけしか受験時間が無いのです。つまりその限られている時間内にて、合格レベルに達する点を獲得しないといけないため、もちろん迅速さは大事になってきます。

前から、法律の知識無しの状況から取り組んで、行政書士試験合格に絶対必要な勉強への取り組み時間は、「3000時間前後」と言われております。実際のところ、一回目で合格をゲットした人のトータル時間は、3000時間程度とのこと。
つい最近は行政書士試験対策用の、HPや、現役で活躍している行政書士が、受験生に対して随時メルマガ等の発行を行っていて、情報収集の力のみならずやる気を向上・持続するためにも便利だと思います。
実際全科目における平均合格率の値は、およそ10〜12%くらいで、他の難関とされる資格よりも、いくらか合格率が高く見えるかと思われますが、それに関しては各試験科目の合格率の割合であり、行政書士試験それ自体の合格率ではございません。
現実的に合格判定が出なかった時の、学習を行う合計時間のリスク加減を考慮すると、行政書士の試験については学校が開催している通信講座、OR学校に行って授業を受講する通学講座を選ぶのが、堅実と言えそうです。
ベテランの先生たちと直に触れ合うことが可能な学校へ通うメリット部分に関しては、良いと思うのですが、意欲さえ維持し続けたら、行政書士の通信教育での学習によって、望んでいる力をつけていくことが出来るといえます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政書士|事実授業料30数万... | トップ | 行政書士|行政書士資格取得... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL