13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

司法書士|日本でもほぼトップクラスといえる高い難易度を誇る司法書士試験の詳細は…。

2017-07-26 21:20:00 | 日記

現場において「法律的に物事を捉えられる人間」であるかそうでないのかということを確かめるような、めちゃくちゃ難易度の高い資格試験に変わってきていますのが、ここ最近の司法書士試験の現実の姿といったように思われます。
合格率の数字が3%強の難易度の高い、司法書士試験合格を目指すには、1人独学での試験勉強だけでは、一筋縄ではいかないことがいっぱいあり、専門のスクールに通うか、通信教育を活用して受験勉強に努めるのが多くの受験生の選択です。
基本司法書士試験は、高難度の国家試験と挙げられておりますので、勉強法が確立出来ていない方は専門学校に定期的に通った方が、間違いないといえます。だけど、全部独学で挑んでも各人によって、かなり効率アップが望めるなんていうパターンも見られたりします。
司法書士の代理で法律の仕事を執り行なうくらしの中の法律家として、活躍が求められている司法書士に関しては、権威ある国家資格です。その分、同時に試験内容の難易度も著しく高いものとなっています。
そもそも司法書士試験の特徴を挙げると、定められた基準を軸に評価する試験とされているもので、合格できる上限人数を決めていないから、結果として試験の問題の難易度の水準が、そのまんま直に合格率に関係することとなります。

一言で言うと「足切り点」(定められた基準点)という基準点制度が、司法書士試験の上ではあるのです。簡単に言うならば、「定める点数に達していないという場合は、不合格の判定になります」とした点数があるんです。
実際に講座を学ぶことができる専門のスクールも内容も実に多種多様となっています。それゆえ、多々の司法書士向けに開催されている講座の中から、仕事と両立している人であれど空いた時間に勉強できる、通信講座を実施しております学校をいくつか比較してみました。
普通、司法書士試験に完全に独学で合格を勝ち取るのは、非常に困難であるということを覚えておくといいでしょう。例年の合格率が1割に満たない現実からも、容易く思い浮かべることができるはず。
2006年より、司法書士試験に関しましては、様々に修正がされました。新たに法令科目が、より重視されるようになって、選択式問題及び、40字程度の記述式の問題というようなこれまでになかった形式の問題も登場し出しました。
司法書士試験の合格率は、低く1〜2%前後と把握されています。近ごろ、日本には法律を専門に学ぶ法科大学院とした新規の教育施設が設立されて、全過程の学業を修了することで、新司法試験を受けられる資格を獲得することができます。

安めの料金設定や問題が出題される範囲を絞って、学習する量を少なくしたカリキュラム設定、クオリティの高い教材関係などが人気になっている実績豊富なフォーサイト。司法書士の通信講座と言えばこの会社!とされているくらい、高い好評を得ています。
基本的に演習問題を何度も繰り返してより理解を高めて土台をつくってから、実践的な総括問題・思考問題へと切り替える、基本の勉強法をやっていくのが、司法書士試験の中における簿記論科目に関しましては、まさに効果があるようです。
日本でもほぼトップクラスといえる高い難易度を誇る司法書士試験の詳細は、全11分野の法律の中からたっぷり難題が出題されますから、合格をしようとするなら、長期間の学習量が必須であります。
最初から会計事務所だとか司法書士事務所に入社し、いろんな経験を積んでスキルアップしながら、徐々に勉強していこうとした方は、通信講座の選択がマッチしているだと言えるのではないでしょうか。
もとより独学でやって、資格試験に合格をするのは、決して不可能じゃないでしょう。けれど、司法書士試験は10人チャレンジしても、合格者が0人のケースもあるめちゃくちゃ厳しい試験でございます。それを乗り越えるには、早期に正しい勉強の仕方・コツをマスターするべきです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|将来司法書士資格... | トップ | 司法書士|長所いっぱいの…。 »

日記」カテゴリの最新記事