13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|受験制度の作り変えをきっかけに…。

2017-06-17 21:50:02 | 日記

合格できず落ちたときの、学習量・時間のリスク加減を考慮すると、司法書士受験対策として専門予備校の通信講座、もしくは直に専門学校を利用するのが、堅実とみなしています。
一般的に法律系の国家資格であり、高い専門性を持つ業務を執り行う、司法書士と司法書士でございますが、難易度を比べますと司法書士の方がハードで、合わせて携わる仕事の中身にも、随分差異があります。
ここ数年、司法書士試験の現実的な合格率については、2・3%程度となっております。必須とされる学習期間とのお互いの兼ね合いに目を留めると、司法書士の資格試験がどれ程高難度かが見てとれるかと存じます。
できたらもしもの場合に備える、リスクを冒さないで無難に、念には念を入れてという狙いで、司法書士試験のケースでは、司法書士向けの専門学校に通う方が良いといえますけれど、けれども独学を一案に入れても不都合はございません。
通信教育である場合、司法書士試験対象の事前策を不足なくピックアップした、資格取得向けの特別教材がございますから、完全独学よりも勉強の手順がキャッチしやすくて、学習がしやすいと存じます。

言うまでもなく司法書士試験を未経験者でありながら独学で行うのは、物凄く容易なことではありませんが、立ち向かいたいとやる気がある人は、まず必須とされる会計科目の学習からやり始めると良いのではないかと思われます。
一般的に消費税法については、司法書士試験科目内では、そんなには難易度は高くなっておらず、簿記の基礎の学識をしっかり持っておけば、割とイージーに、合格レベルに到達することが可能でしょう。
受験制度の作り変えをきっかけに、これまでの運任せの博打的な内容が無くなって、事実上真の実力が備わっているのかが判断される試験として、現在の司法書士試験は新しく生まれ変わりました。
大概の資格専門学校は、司法書士資格取得の通信教育が取り扱われています。そういった中には、デジタルメディアプレーヤーなどを使って、時代の先端を取り入れ新しい勉強法で通信教育サービスを展開している、資格専門学校もあったりします。
今の時代は司法書士試験対策用の、専門サイトであったり、現役で活躍している司法書士が、受験する人にメールマガジン等を発信していて、情報収集能力かつ学習意欲を保つためにも使用することができます。

司法試験と同等な勉強法で取り組むと、初心者の司法書士試験だけに力を注ぐ専業受験生以上に、総勉強量が多大になりやすいものです。それに加えて期待した結末とはならず、対費用効果が低くなります。
税務分野の個別論点の問題をしだしたら、関係する演習問題に可能ならば取り組むようにし、数をこなして問題慣れしておくというような勉強法を盛り込むのも、司法書士試験の傾向を踏まえた簿記論対策についてはとっても効果的とされます。
多種多様な事柄をまとめたテキストであれど確認することの出来ない、高度な知識が必須の問題については、スッパリ諦める事をおすすめします。スパッと割り切ることも、難易度高の司法書士試験に挑戦するには、大事な点とされます。
司法書士試験の受験勉強をする上では、集中力が長く続かなかったり、やる気を持ち続けることが簡単ではなかったりというような欠点も経験しましたが、全体的には通信講座を選んで、合格を勝ち取れたと感じています。
一切独学で通しているけど、日々のスケジュール調整であったり勉強スタイルなどに対して、不安を抱くといったような場合は、司法書士試験に狙いを定めた通信講座を申し込むのも、1つの進め方といえるでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|現実的に難関資格... | トップ | 司法書士|なるたけリスクを... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL