13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|一般的に国家試験の司法書士試験の合格率については…。

2017-06-14 03:20:01 | 日記

効率の悪い勉強法で行い、紆余曲折するというのはめちゃくちゃもったいないことであります。確かであなたに合った手立てで短い年数で合格を実現させて、司法書士の資格をとりましょう。
一般的に通信教育では、どちらの学校でも司法書士試験1本に焦点を合わせた方策を充分にまとめた、特化した教材が揃えられておりますから、独学と比較して勉強の進め方が身につけやすく、学習がしやすいと断言します。
科目合格制となっております、司法書士試験の資格取得は、同じ時に一度で、5つの科目の試験を受けることは必須ではなく、1つの科目ごとに受験してもOK。1度合格点をクリアした科目は、司法書士になれるまで有効とされており安心です。
法律系国家資格の中でも、高難易度の司法書士なのですが、他と比べて合格を獲得するまでの経過が難関であるからこそ、資格を取得した後には就職先が沢山あるということや年収アップ、そして高い階級の立場を築けるようなこともありうるのです。
実際に司法試験と似た勉強法ですと、新参の司法書士試験だけの受験生に比べ、勉強量+時間が膨大になりやすいです。その上条件に見合った結果は得られず、コストと効果の関係がアンバランスです。

一般的に国家試験の司法書士試験の合格率については、10%〜12%と、超難関と知られている割には、合格率が高いものとなっています。ただし、1回で合格することが出来るのは、限りなく0%に近いと言われているようであります。
色々存在している司法書士の通信講座のうちでも、一等オススメのものは、合格実績が高いLEC です。講座で使用するテキストブックは、司法書士受験生間にて、著しく有用である手引きとしまして一定の評価がございます。
実際に5種類の科目に合格するまで、長きにわたってしまう司法書士国家試験では、勉強を続ける時間を確保できる環境が整っているかが、決め手で、通信教育(通信講座)については、取り立ててそういった事柄が言えることと思います。
大概の方たちは、誰もが知る会社だし絶対バッチリとした、動機の無い漠然とした理由をもって、通信教育をセレクトしてしまいます。しかし、そのようなことで高レベルの司法書士に、合格することは難しいでしょう。
大概の資格取得専門学校では、司法書士用の通信教育が設けられております。またその中には、USBメモリなど活用しやすいツールを使って、時代の先端を取り入れた通信教育を行っている、資格取得学校等もございます。

日本でもほぼトップクラスといえる難易度となっている司法書士試験に関しては、11科目の法律の内からいろんな難題が出されるため、合格に至るまでには、長期に及ぶ取り組みが必ずいります。
専門学校の司法書士講座を受講したいけれども、近隣にそれらの専門学校が存在しない、仕事が忙し過ぎる、家の用事などで学校に行く時間がないような人に向けて、各学校では、自分のペースで取り組める通信講座のサービスの提供を行っています。
あらかじめ法律知識が一切無いのに、短期間で司法書士試験にて合格を可能にした方もいます。彼らの過半数以上に同じように見ることが出来る点は、自らに合う「実践的な勉強法」を選ぶことができたことといえます。
あらかじめ会計事務所ですとか司法書士事務所勤めをして、経験&実力を積みスキルを磨きながら、ちょっとずつ勉強していくというような方でしたら、しいて言うなら通信講座がおススメと考えます。
いざ個別の論点に取り掛かりましたら、関係する試験の演習問題にやれるだけトライし、とにかく問題に手慣れておくという勉強法を盛り込むのも、司法書士試験の中での簿記論対策に関しましてはかなり効果のあるものです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|実際にU-CAN(ユー... | トップ | 司法書士|受講代金が少なく... »

日記」カテゴリの最新記事