13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|言うまでもなく独学で臨んで…。

2017-06-30 19:10:01 | 日記

今日の司法書士の資格取得は、平均の合格率が約6%少々とされていて、デスクワーク・事務系資格では、ハードルが高い資格だと言えます。されど、全部の問題中少なくとも6割正解できたら、絶対に合格実現できます。
いろんなメリットがある、司法書士資格の専門スクールに通学する効率イイ勉強法ですけれども、数十万円という一定レベルの受講料が必須なため、受験する人が全員受講することが出来るものではないと断言できます。
実はDVD及び、テキストを見て行う学習の仕方に、少々不安を抱いていますが、実際に通信講座(通信教育)を受講して、司法書士国家資格を獲得した先駆者も大勢いますし、完全独学でやるよりは、良いのではないかと思っております。
言うまでもなく独学で臨んで、合格を勝ち取るのは、不可能なことではございません。しかしながら、例年司法書士に関しては10人受けたとして、たった1人も合格できない難関試験となっています。合格を勝ち取るには、適格な学習スタイルを自分のものにすることが要求されるのです。
仕事を継続しながらその合間に勉強を重ねて、ついに3度目のチャレンジで司法書士に合格することが実現した、小生の経験を頭に浮かべてみても、このところ2〜3年の間の難易度レベルは、とても高難度になってきているのではないかと思います。

安めの料金設定や問題の出題範囲を選び抜き、学習する量を削減した学習システム、優れた学習材などが受験生に人気のフォーサイト。最近司法書士資格の通信講座と言えばこれ以外に無い、とされるくらい、高い人気がございます。
基本司法書士試験におきましては、歳ですとか性別・学歴・職歴などという条件は全く無く、どなたでも幅広い層の方々が受験することが出来ます。それまで法律に関する詳しい見聞が無いというような方でも、ちゃんとした受験対策を行うことにより、合格可能でございます。
実際に司法書士資格取得試験の合格率の数字は、おおよそ1.75%と言われています。今日び、日本にもアメリカ合衆国のロー・スクールをモデルとして法科大学院というものが新たにつくられて、その教科過程を済ませれば、新司法試験を受験する資格が手にできます。
一般的に9月に入ってから、次の年度の司法書士試験を対象に取り掛かり始めるような人たちも、多く存在しているかと存じます。およそ1年強長期間続く受験の勉強では、ご自身にフィットする勉強法を見つける創造性も求められます。
実際司法書士試験の合格率については、10%位と、難易度が高いと言われる割には、合格率が高いものとなっています。だけど、初回で合格を実現するのは、ほとんど0%と聞かされました。

司法書士資格の試験制度の改訂と一緒に、従前の運・不運に影響されるギャンブル的なファクターが全部消え、正しく技量のアリORナシが判別される高難度の試験へと、司法書士試験は刷新したのです。
ずっと昔から、法律についての知識が全く無い時点から取り掛かって、司法書士試験合格に要するトータル学習時間は、通常「3000時間以上」と知られています。調べてみても、1回で合格を決めた方の総勉強時間は、3000時間ちょっとという数字が挙げられています。
実際に講座を学ぶことができるスクールもカリキュラム内容についても様々です。それによって、様々な司法書士の通信講座プランの内より、お仕事をされている方でしても都合の良い時に勉強可能である、通信講座を設けているスクールの比較を行いました。
昨今は、通学して講座を受けているという人たちと、言うほど差が無い勉強を実施するということができます。これを具現化するのが、今現在司法書士用の通信講座のメジャーな教材となっております映像教材のDVDです。
実際とても難しいというように名高い司法書士試験の難易度の水準は、超高めのものになっており、例年の合格率もほんの3%前後と、法律系の国家資格の中でも、トップクラスの難関の試験となっています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|国家資格を取得し... | トップ | 司法書士|簡単に言うなら「... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL