13年経験の中堅司法書士が教える試験合格のための勉強、試験対策をお伝えするブログ

13年の経験を持つ司法書士が教える受験に関する情報から独立開業そして勝ち組になるためのノウハウを随時発信していくブログ

司法書士|受講代金が少なくとも30万円以上…。

2017-06-14 08:50:02 | 日記

一般的に司法書士のピンチヒッターにもなれる街の法律屋さんとして、期待が寄せられる司法書士については、威信を伴うといわれる資格です。したがって、それに反映して試験の難易度の状況も著しくハイレベルです。
通信講座のケースですと、司法書士だとしても司法書士であっても、いずれとも受験生の家に教材一式を発送して貰うことができますので、あなたのスケジュール管理によって、勉強を実行することが可能といえます。
受講代金が少なくとも30万円以上、さらに時には総額50万円以上である、司法書士の資格の通信講座なんかもそんなに珍しくないものです。また受講を行う期間につきましても、1年を上回る長期スパンの教育コースになっていることが、ままあります。
すなわち司法書士試験については、司法書士を生業にするために欠かせない法律の知識、かつまたそのことの応用能力を有するか否かを、判断することを1番の目的に、一年に1回行っている難易度の高い国家試験です。
一般的に会計事務所または司法書士事務所にて、現場歴を重ねていきながら、のんびり学習を行うやり方を選ぶ人ならば、どちらかといって通信講座(通信教育)がマッチしていると思われます。

今や合格率7%未満と、司法書士試験は他の国家資格以上に高難易度の難関試験であります。とはいえ、度を越えて怖気づくことはないです。一生懸命頑張れば、誰でも必ずや合格は得られるはず!
元より司法書士試験に挑戦する場合には、中途半端な取り組みであったら合格へつながらない、困難な試験だというように強く思います。結局のところ勉強にあてることができる時間を有効に費やしながら学習を継続した努力家だけが、合格可能となる努力次第の試験といえるのであります。
司法書士資格取得スクールの司法書士資格取得講座を受けたいと思うのだけど、周辺に予備校がどこにもない、会社が忙しい、スケジュールがつまっており学校に通う時間などないとした人たちのために、各々の学校にて、空いた時間に勉強できる通信講座の提供を行っています。
通学講座+通信講座の2つのコースを同時に受けられる、人気の「資格の大原」につきましては、クオリティの高い教科書と、経験豊富な講師陣で、司法書士合格者全体の50%の人数の成果を上げる信頼と実績があります。
学校で法律を学んでいなくっても、これまでに一度も実務経験がなくとも司法書士の国家資格はとれるものですが、その分だけ独学で臨む場合は、何百時間もの勉強時間・量も確実に要求されます。私自身も専門学校等に通うことなく独学で合格した為、深く感じています。

実際特殊な試験内容で、難易度が大変高いわけですが、元来司法書士試験におきましては、科目合格制度のシステムが実施されているので、各科目毎複数年かけ分けて合格することも、支障はない試験なんです。
ずっと前から司法書士試験に関しましては、高難易度とよく言われる、国家資格として挙げられます。こちらのページでは、目的の司法書士試験に必ずや合格するための質の高い勉強法等を、運営者自信の合格に至るまでの経験を基礎に公開します。
司法書士の国家試験の制度の改定にあたって、以前の努力に関係なく運・不運にかかってくる賭博的な因子がカットされ、事実上手腕があるかないかがチェックされる登竜門的な試験へと、司法書士試験の中身は基本から作り直されました。
簡単に言うと実際「足切り点」(足切り最低点)という門前払いのシステムが、司法書士試験には存在しております。これはつまり、「範囲内の点数に達していないという場合は、通過できずに不合格となりますよ」とされます境界の点数が最初に設けられているわけです。
全て独学での司法書士資格試験の勉強法を選択する際に、殊更壁となる可能性があるのは、勉強途中に不明点が発生した状況で、周りに頼れる人がいないことでございます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 司法書士|一般的に国家試験... | トップ | 司法書士|平成18年度(2006... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL